サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会思想・政治思想の通販
  5. 青弓社の通販
  6. 歴史修正主義とサブカルチャー 90年代保守言説のメディア文化の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

歴史修正主義とサブカルチャー 90年代保守言説のメディア文化
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/02/28
  • 出版社: 青弓社
  • サイズ:19cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7872-3432-2

紙の本

歴史修正主義とサブカルチャー 90年代保守言説のメディア文化 (青弓社ライブラリー)

著者 倉橋 耕平 (著)

「歴史修正主義」を対象に、「新しい歴史教科書をつくる会」等の活動が活発になる1990年代以降に起こった政治とメディア文化を批判的に分析。現代の右傾化にも通じる保守言説の「...

もっと見る

歴史修正主義とサブカルチャー 90年代保守言説のメディア文化 (青弓社ライブラリー)

1,728(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「歴史修正主義」を対象に、「新しい歴史教科書をつくる会」等の活動が活発になる1990年代以降に起こった政治とメディア文化を批判的に分析。現代の右傾化にも通じる保守言説の「原画」と「知の枠組み」を照らし出す。【「TRC MARC」の商品解説】

メディアにヘイトスピーチやフェイク・ニュースがあふれ、「右傾化」が懸念される現代日本。「歴史修正主義(歴史否定論)」の言説に対する批判は、なぜそれを支持する人たちに届かないのか。

歴史修正主義を支持する人たちの「知の枠組み」を問うために、歴史を否定する言説の「内容」ではなく、「どこで・どのように語られたのか」という「形式」に着目する。現代の「原画」としての1990年代の保守言説を、アマチュアリズムと参加型文化の視点からあぶり出す。

「論破」の源流にある歴史ディベートと自己啓発書、読者を巻き込んだ保守論壇誌、「慰安婦」問題とマンガ、〈性奴隷〉と朝日新聞社バッシング――コンテンツと消費者の循環によって形成される歴史修正主義の文化と、それを支えるサブカルチャーやメディアの関係に斬り込む社会学の成果。

******************

酒井隆史さん(大阪府立大学)、推薦!

なぜ、かくも荒唐無稽、かくも反事実的、かくも不誠実にみえるのに、歴史修正主義は猛威をふるうのか? いま、事実とはなんなのか? 真理とはなんなのか?

真理や事実の意味変容と右傾化がどう関係しているのか?

「バカ」といって相手をおとしめれば状況は変わるという「反知性主義」批判を超えて、本書は、現代日本の右翼イデオロギーを知性の形式として分析するよう呼びかける。キーはサブカルチャーである。わたしたちは、本書によってはじめて、この現代を席巻する異様なイデオロギーの核心をつかみかけている。この本は、ついに現代によみがえった一級の「日本イデオロギー論」である。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 序 章 なぜ「メディア」を問うのか
  •  1 保守言説の広がり
  •  2 これまでの調査研究でわかっていること
  •  3 本書の対象――歴史修正主義と一九九〇年代
  •  4 「何が語られたか」ではなく「どこで/どのようにして語られたか」
  •  5 本書のアプローチ――コンバージェンス文化
  •  6 本書の構成

著者紹介

倉橋 耕平

略歴
〈倉橋耕平〉1982年生まれ。関西大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。立命館大学ほか非常勤講師。共編著に「ジェンダーとセクシュアリティ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

2018/12/30 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/26 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/30 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/23 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/06 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/05 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/22 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/29 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/14 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/31 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/23 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。