サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青空と逃げる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 90件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/03/22
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-005061-9

紙の本

青空と逃げる

著者 辻村深月 (著)

深夜の電話が、母と息子の日常を奪い去った。疑心、恐怖、そして怒り。壊れてしまった家族が、たどり着く場所は…。一家の再生の物語。『読売新聞』連載を単行本化。【「TRC MA...

もっと見る

青空と逃げる

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

深夜の電話が、母と息子の日常を奪い去った。疑心、恐怖、そして怒り。壊れてしまった家族が、たどり着く場所は…。一家の再生の物語。『読売新聞』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、東京から逃げることを決めた――。

辻村深月が贈る、一家の再生の物語。読売新聞好評連載、待望の単行本化。【商品解説】

深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、東京から逃げることを決めた――。辻村深月が贈る、一家の再生の物語。読売新聞好評連載、待望の単行本化。【本の内容】

著者紹介

辻村深月

略歴
〈辻村深月〉1980年生まれ。千葉大学教育学部卒業。「ツナグ」で吉川英治文学新人賞、「鍵のない夢を見る」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー90件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

辻村さんが母親と男の子の話で最後に泣きたいと題材を珍しく設定された。

2018/05/08 22:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作『かがみの孤城』で本屋大賞を受賞された辻村さんの最新長編です。夫が巻き込まれた事件により日常が崩壊した妻と息子の逃避行。各地で生まれる物語が丁寧な筆致で綴られます。現実世界では、作中の早苗のように子どもを逃がし、休ませたその後をどうすればいいのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読んでしまいました

2018/04/29 13:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mameko - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村さんの小説はいつもそうですが、今回も引き込まれて一気に読んでしまいました。
先にあらすじをよんでいたので、ちょっと重そうな内容だな、と買ってすぐに読む気にはなれなかったのですが、読み始めたらどう終着するのかが気になって、やめられなくなってしまい、気が付いたら午前2時でした・・・。
普通の人の生活でも大変なことはたくさんあるのに、それ以上に想像もできないような大変さの中、力くんと早苗さんが成長しながら生きていく様子に、感動と力をもらいました。これから、幸せに生きてほしいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母と子の逃避行

2018/05/20 06:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

あてどなく彷徨い歩く親子の姿には胸が痛みました。逃避行の先に待ち受けている、僅かな安らぎが感動的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家族の絆、信じる心

2018/09/23 02:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takashi - この投稿者のレビュー一覧を見る

読売連載。ある深夜の電話が家族の絆を引き裂く。母子の逃避行。そんな中でも確実に逞しく育つ息子。夫への疑念と息子への愛、そして自分と強く戦う母。鍵を握っていたのはやはり二人の愛の証、息子だった。辻村さんにハマったなオレ(;^ω^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかった

2018/05/27 23:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村深月の長編小説ですが、一気に読めました。逃避行の生活にも、ある種の救いがあり、ほっとできる読後感でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/30 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/12 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/13 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/01 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/23 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/13 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/07 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/05 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/07 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/22 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る