サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

南都学・北嶺学の世界 法会と仏道
南都学・北嶺学の世界 法会と仏道 南都学・北嶺学の世界 法会と仏道
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/04/13
  • 出版社: 法藏館
  • サイズ:21cm/284p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8318-6374-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

南都学・北嶺学の世界 法会と仏道 (龍谷大学アジア仏教文化研究叢書)

著者 楠 淳證 (編)

仏教学・歴史学・建築学などの幅広い視野より伝統ある「法会と仏道」の意義を明らかにするとともに、東日本大震災における仏教者の活動を通じて、仏道の現代的意義を問う。平成29年...

もっと見る

南都学・北嶺学の世界 法会と仏道 (龍谷大学アジア仏教文化研究叢書)

4,860(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仏教学・歴史学・建築学などの幅広い視野より伝統ある「法会と仏道」の意義を明らかにするとともに、東日本大震災における仏教者の活動を通じて、仏道の現代的意義を問う。平成29年6月開催のシンポジウムをもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

日本仏教研究のための新たな視座を提起。

仏教学・法会学・歴史学・建築学などの幅広い視野より伝統ある「法会と仏道」の意義を明らかにするとともに、東日本大震災における仏教者(僧侶)の活動を通じて、仏道の現代的意義を問う。

----------
この度の研究プロジェクトにおいて推進する「南都学・北嶺学」の中核は、あくまでも「仏教学」にあり、南都六宗の教学ならびに天台教学についての研究を深め、進展させることにあります。しかし、日本の仏教を教学展開の観点からのみ見たのでは、その実体を把握することはできません。なぜならば、日本仏教がさまざまな展開を見せることによって多種多様な「学問」や「芸道」が生み出され、それがまた日本仏教に新たな展開をもたらしているからです。そこで、この度の研究プロジェクトにおいては、単に「南都・北嶺の仏教」とはせず、「南都学・北嶺学」の造語をあえて用いることにしました。したがって、今回創始した「南都学・北嶺学」には、まだ学問体系がありません。まずは「南都学」「北嶺学」という大きな入れ物を作り、その中に種々の「学体系」を有した諸学問・諸文化を盛り込んでいくところに、新たな知見が獲得されるであろうことを企図しています。この点に実は、「南都学・北嶺学」の名称を創始した意義と意図があるのです。
(「序文」より)
----------

※2017年6月3、4日に薬師寺食堂で開催された国際シンポジウムの内容をもとに書籍化。

龍谷大学アジア仏教文化研究叢書6
【商品解説】

目次

  • 序 文──南都学・北嶺学の構築に向けて──(楠 淳證)
  • 第Ⅰ部 法会と論義
  • 中世南都諸寺の法会──講説・論義・打集を中心に──(永村 眞)
  • 一 はじめに
  • 二 寺院と法会
  • 三 南都の法会
  • 四 法会と聖教
  • 五 むすび

収録作品一覧

中世南都諸寺の法会 永村眞 著 5−22
法相論義と仏道 楠淳證 著 23−45
法会と講式 ニールス・グュルベルク 著 51−72

著者紹介

楠 淳證

略歴
1956年生まれ。兵庫県出身。龍谷大学文学部仏教学科卒業、龍谷大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学、龍谷大学専任講師、助教授を経て、現在、龍谷大学教授、アジア仏教文化研究センター長。専門は仏教学、特に唯識教学。主要著書・論文に『日本中世の唯識思想』(共著、永田文昌堂、1997年)、『論義の研究』(共著、青史出版、2000年)、『儀礼に見る日本の仏教──東大寺・興福寺・薬師寺──』(共著、法藏館、2001年)、『心要鈔講読』(永田文昌堂、2010年)、『問答と論争の仏教』(共著、法藏館、2012年)、『暮らしに生かす唯識』(探究社、2013年)、『回峰行と修験道──聖地に受け継がれし伝灯の行──』(龍谷大学アジア仏教文化研究センター文化講演会シリーズ1 、編集、法藏館、2016年)ほか多数あり。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

仏教 ランキング

仏教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む