サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界を変えた50人の女性科学者たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生 一般
  • 発売日:2018/04/20
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:24cm/127p
  • 利用対象:小学生 中学生 一般
  • ISBN:978-4-422-40038-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

世界を変えた50人の女性科学者たち

著者 レイチェル・イグノトフスキー (著),野中モモ (訳)

科学・技術・工学・数学(STEM)の分野で活躍しながら、歴史の陰にかくれがちだった女性科学者50人を取り上げ、その驚くべき業績やバイタリティあふれる人生を魅力的なイラスト...

もっと見る

世界を変えた50人の女性科学者たち

1,944(税込)

世界を変えた50人の女性科学者たち

1,944 (税込)

世界を変えた50人の女性科学者たち

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 148.6MB 無制限
Android EPUB 148.6MB 無制限
Win EPUB 148.6MB 無制限
Mac EPUB 148.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

科学・技術・工学・数学(STEM)の分野で活躍しながら、歴史の陰にかくれがちだった女性科学者50人を取り上げ、その驚くべき業績やバイタリティあふれる人生を魅力的なイラストとともに紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

「有名な科学者といえば?」――エジソン、アインシュタイン、ダヴィンチ、ニュートン……。数ある人物のなかで、女性の名前が挙がるのは「キュリー夫人」くらいではないでしょうか。 しかし、こんにち私たちが当たり前のように知っている科学的理論や発見、発明の裏では、実は多くの女性科学者が活躍していたのです。 例えば、世界で初めて魚竜や首長竜の完全な頭蓋骨を発掘したのは、化石ハンターの少女メアリー・アニングでした。 リリアン・ギルブレスの人間工学的なレイアウトは、現代の多くのシステムキッチンや労働空間のデザインに採用されています。 コンピュータがまだ一般的でなかった時代、人種や性別による差別にも負けず、人類を宇宙へ送るNASAの宇宙計画を成功に導いたのは、キャサリン・ジョンソンの計算力でした。 またヴェラ・ルービンは、銀河系が回転していることを発見し、宇宙を満たしているという「暗黒物質(ダーク・マター)」の存在を仮定しました。 そのほか、XY染色体を発見したのも、その末端にテロメアをがあることも、DNAのらせん構造を証明する決定的な写真を撮影したのも、みな女性の科学者でした。 本書は、科学・技術・工学・数学(STEM)の分野で世界を変えるような素晴らしい業績を残しながら、これまで歴史の陰に隠れがちだった女性科学者50人にスポットをあて、その驚くべき研究成果やバイタリティあふれる人生の一部を、チャーミングなイラストとともに紹介します。 愛らしいイラストを手がけたのは、アメリカの新進気鋭のイラストレーター、レイチェル・イグノトフスキー。厳しいサイエンスの世界をひた走るヒロインたちを、その業績だけでなく、人間的な魅力を引き出しながら描き上げています。 ここに登場する50人はみな、女性が教育を受けたり、男性に混じって仕事をすることすら制限されていた時代にも、常識を打ち破り、差別や困難と闘い、世紀の大発見や研究をなしとげた人たちです。 周囲から「だめだ」と言われても「できるものなら止めてみなさい」とばかりに諦めなかった女性科学者の姿は、若きリケジョのみならず、壁に立ち向かいひたむきに夢を追うすべての人の背中を押してくれるはずです。 <本書の見どころ> ●古代から現代まで、世界を変えるような偉業をなしとげたトップクラスの女性科学者50人(+α)を紹介 ●研究成果からプライベートな一面まで、トリビアもたっぷり。魅力あふれる女性科学者の人生の物語を簡潔に学べます ●アメリカ出身の若手女性イラストレーターによる可愛いイラストが満載。ビジュアルブックとしても楽しめます ●研究室の道具一覧や科学単語集、科学年表など、楽しいコラムも収録 ●原則として小学5年生以上で習う漢字にルビつき。若い科学者のたまごを応援します【商品解説】

目次

  • 日本版によせて(野中モモ)
  • はじめに
  • ヒュパティア(天文学者・数学者・哲学者、350〜370−415?)
  • マリア・ジビーラ・メーリアン(科学イラストレーター・昆虫学者、1647−1717)
  • 王貞儀/ワン・チェンイ(天文学者・詩人・数学者、1768−1797)
  • メアリー・アニング(化石コレクター・古生物学者、1799−1847)
  • エイダ・ラヴレス(数学者・作家、1815−1852)
  • エリザベス・ブラックウェル(医師、1821−1910)
  • ハータ・エアトン(エンジニア・数学者・発明家、1854−1923)
  • ネッティー・スティーヴンズ(遺伝学者、1861−1912)

著者紹介

レイチェル・イグノトフスキー

略歴
〈レイチェル・イグノトフスキー〉タイラー美術学校グラフィックデザイン科卒業。教育的なアート作品の創作に打ちこむ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絵本を読むように新しい世界へ。「隠されてきた姿」に光を当てる

2018/05/17 18:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで知られていなかった女性科学者の業績と人間的な魅力を、かたくるしい文章ではなく、おしゃれなイラストで紹介するというところが、本書の最大の魅力です。科学に興味がない人、彼女たちを知らなかった人も、絵本を読むような気持ちで、サイエンスの世界に自然と足を踏み入れることができます。この本を手に取って下さった方に、読む前と後とで確実に世の中の見方が変わった、新しい世界がひらけた、と感じていただけたら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キレイなイラストに興味が広がる

2018/06/17 10:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

洋書で見掛けて綺麗な表紙だな読んでみたいなと思っていたら、ちょうど翻訳されていました。
中身も表紙のように黒い地にカラフルなイラストと、伝記とトリビアの文が入り混じっていてとても綺麗。
日本版は翻訳にあたってデザインを重視し一部要約になっているそうですが、ここから興味を惹かれて自分で調べたり目指したりすれば良いし、僕もマリア・シビラやテレシコワなど気になる人が沢山いました。
50人皆が驚くほど重要な業績を残しており、また皆が正当な役職を得る為に闘っています。

最初に紹介されたヒュパティアは、「アレクサンドリア」というタイトルで映画にもなっていますね。
同位体のふるまいを解明したマリア・ゲッパート・メイヤーは、ヘビースモーカーで「ときに2本のタバコを同時に吸っていた」とか、健康に悪そうだけどエネルギッシュで強い女って感じ!
プログラミングの母と呼ばれる海軍准将グレース・ホッパーはデスクに海賊旗を掲げていた。チームが必要な物を手に入れる為に容赦しなかったからだ!
動物が快適に暮らす事を重視した爬虫類館を造り、後の動物園全体に影響を与えたジョーン・ビーチャム・プロクターは、病気で弱ってからも車椅子でリードに繋いだコモドドラゴンを連れて爬虫類館を巡回した。見たかったなそれ!

ロザリンド・フランクリンから剽窃し中傷したワトソンの行動などは本当に悲しくなります。逆にアインシュタインの様にちゃんと評価する人も居ますし、女性科学者達自身が後進を育てる事に力を注いでいます。
病気になったゲルティ・コリを抱きかかえて(イラストではお姫様抱っこで)移動し一緒に研究をした夫カールの様なロマンチックな関係もあります。
巻末で更に14人を紹介し最後に「次の偉大な科学者になるのはあなたかも!」と結んでいるのも良いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性のみ集めるのも差別化と思ったが…。

2018/09/08 14:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:金山-Kinzan - この投稿者のレビュー一覧を見る

「世界を変えた50人の女性科学者たち」

このタイトルを見ると、「硬そうな本だな」という印象を持たれるでしょう。

実際硬い内容です。硬いとつい、読みずらいものになってしまう。そこを親しみやすいイラストと共に彼女たちを紹介することで、読みずらくならないよう工夫しています。

正に、イラストと伝記のコラボです。

これまでも、イラスト入りの科学関係の本がなかった訳ではありませんが、どちらかといえば、科学の実験の過程や物質を説明するためのイラスト、というのが主流でした。伝記でイラストが入っていても、硬いか子供向けかのどちらかでした。

本書のイラストは、オシャレですが、子供向けと限定されません。正に大人も子供も楽しめるイラストです。

一人の科学者につき、見開きで一頁を使用。左のページが本人をイメージしたイラスト、右のページがその人の伝記となっています。

古代から現代までの、女性科学者が紹介されています。

女性の科学者が歩んだ道のりは、苦難に満ちたものでした。女性だから大学や大学院に入れてもらえない、最初の登場するヒュパティアに至っては、殺されています。理由の半分は天文学を教えたこと(当時地動説は犯罪)ですが、半分は女性が男性にものを教えることがキリスト教の教義に合わなかったことによる逆恨みです。

残念ながら日本人はいません。本書の言う「科学者」は医師も含まれています。最近、某医大での女性差別が大々的に報道されている通り、まだ日本においては女性への差別が残っています。しかし、それも、個々の女性たちが地道に研究を重ね、成果を出していけば、解消していくと信じています。

私たち生きている時代よりも、女性が差別されていた時代に科学の研究に心血を注いだ女性たちがいる。尊敬すべきです。そして、そうした先人の苦労があったからこそ、今こうして女性でもいろいろな分野で研究ができるようになったのは忘れてはならないと思います。(戦前は、日本は女性は大学に入れなかったのですから)

「物理学を考える時、アインシュタインだけでなく、エミー・ネーターの名前も挙げられるようになるべきです」

忘れられていた女性科学者たちを、今こそ思い出すべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/08 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/19 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/07 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/09 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国 ランキング

外国のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む