サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. 日本能率協会マネジメントセンター
  6. 実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務
実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務 実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務

著者 デロイトトーマツグループ (著)

グローバル成長を遂げるためにCFOとして普遍的に果たすべき役割とは? 押さえておくべきトレンドとは? 実際のプロジェクトをベースに体系的に解説し、CFOおよびCFO組織に...

もっと見る

実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務

4,536(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グローバル成長を遂げるためにCFOとして普遍的に果たすべき役割とは? 押さえておくべきトレンドとは? 実際のプロジェクトをベースに体系的に解説し、CFOおよびCFO組織に対して、将来に向けた道筋を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

かつてないほどに不確実性が高まっている中で、自社の将来を左右する重要な経営課題に対し、CFOはCEOや事業部門長とは違う角度から考え、事業運営のアクセル役とブレーキ役を果たさなければなりません。
また、テクノロジーの進化により、相当程度がAIにとって代わられるという報告もあり、経理財務部門の仕事のあり方そのものの見直しを迫られています。
本書は、そんな環境変化に伴う重要性の高まりを踏まえて、CFO、CFOを支える経理・財務部門、経営企画担当者を対象に、『普遍的に果たすべき役割とは何か』『知っておくべきトレンドは何か』『今後を考える際のポイントは何か』といった観点を踏まえ、経営戦略を推進する経理財務部門における変革の道筋をまとめています。

【本書の特長】
■環境変化に伴う重要性の高まりにより単なる経理屋ではなくなりつつあるCFOおよびCFO組織に対し、以下の観点を踏まえた将来に向けた道筋を示す
 ◇『(普遍的に)果たすべき役割とは何か』
 ◇『知っておくべきトレンドは何か』
 ◇『今後を考える際のポイントは何か』
■技術論ではなく、経営者目線(ヒト・モノ・カネ、情報に与える影響や経営として対応すべき事項)を意識した解説
■日本の商慣習や日本企業が抱えている課題など、日本企業ならではの部分(インフラ整備が不十分、ヒトは切りづらい・流動性が低い等)を意識した解説

【本書の読者対象】
■CFOおよび次世代のCFO候補
■CFOを支える経理財務部門のミドルマネジメント層・実務担当者
■CFOとともに経営を担うトップマネジメント層
■経営企画担当のミドルマネジメント層

【目次(概要)】
第1章 IFRSを含めた会計の動向と日本企業に求められる対応
第2章 事業の新陳代謝を前提とした競争優位のための経営管理とは
【コラム01】ポートフォリオマネジメントのためのCorporate Finance
第3章 リスクマネジメントの要諦とCFO組織の果たすべき役割
第4章 グローバル財務マネジメントの高度化のあり方
第5章 戦略組織化を見据えた税務部門のあり方とは
【コラム02】日系企業の税務マネジメントに関する意識調査
第6章 M&Aを成功させるためのCFO組織の役割とは
【コラム03】IR組織のマネジメントのあり方とは
第7章 効率化から高付加価値へと進化するGBSのあり方
第8章 FinanceにおけるITの進化とその活用
【コラム04】AI/ロボティクス
第9章 CFO組織のグランドデザインと改革の進め方
【インタビュー】挑戦を続けるCFO・経理財務部門のあり方
【商品解説】

目次

  • 第1章 IFRSを含めた会計の動向と日本企業に求められる対応
  • 01 CFOの説明責任を果たすためには
  • 02 IFRSをめぐる最近の動向
  • 03 我が国の会計基準
  • 04 会計不正と内部統制
  • 05 統合的思考と統合報告
  • 06 フェア・ディスクロージャー・ルールと開示情報の管理
  • 07 コーポレートガバナンス・コード
  • 第2章 事業の新陳代謝を前提とした競争優位のための経営管理とは

著者紹介

デロイトトーマツグループ

略歴
デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイトトーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイトトーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。
デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。
また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む