サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新・冒険論
新・冒険論 新・冒険論

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/06
  • 出版社: 集英社インターナショナル
  • サイズ:18cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7976-8023-2
新書

紙の本

新・冒険論 (インターナショナル新書)

著者 角幡 唯介 (著)

チベットで人類未踏の峡谷踏破、北極圏で闇の世界を80日間歩く極夜行…。数々の独創的な挑戦を行ってきた著者が、冒険の本質を綴った画期的冒険論。『kotoba』連載に加筆し書...

もっと見る

新・冒険論 (インターナショナル新書)

799(税込)

新・冒険論(インターナショナル新書)

724 (税込)

新・冒険論(インターナショナル新書)

ポイント :6pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.6MB 無制限
Android EPUB 7.6MB 無制限
Win EPUB 7.6MB 無制限
Mac EPUB 7.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チベットで人類未踏の峡谷踏破、北極圏で闇の世界を80日間歩く極夜行…。数々の独創的な挑戦を行ってきた著者が、冒険の本質を綴った画期的冒険論。『kotoba』連載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

GPSに頼る北極探検や、スポーツ化した登山は疑似冒険であって冒険ではない!

では冒険とはいったい何なのか?
構想20年、常に新しい冒険に挑んできた角幡唯介が、満を持して世に送り出す、空前絶後の冒険論!

なぜ、現代のエベレスト登山は冒険ではないのか?
なぜ、ナンセンのフラム号漂流は冒険とよべるのか?

角幡が導き出した「脱システム」という概念で、冒険の本質を考える!

これまでに、チベット・ツァンポー峡谷の人類未踏部踏破や雪男探索、北極探検隊全滅の真相追求、80日間にもおよぶ太陽の昇らない「極夜」の暗黒世界探検など、ジャンルや固定観念にとらわれない創造的な冒険を行ってきた角幡唯介。

本書を読めば、角幡の冒険が、なぜ型にはまらず独創的なものなのか、その発想がよく分かる!

高橋源一郎氏(作家)推薦!

<目次より抜粋>
第一章 本多勝一の冒険論
世界の可能性を拓け/人類史上最高の冒険

第二章 脱システムとしての冒険
エベレスト登山はなぜ冒険ではなくなったか/マニュアル化された登山/神話における脱システム/英雄の冒険を分析する/ナンセンのフラム号漂流/ツアンポー峡谷単独探検の神話構造

第三章 脱システムの難しさ
現代はなぜ冒険が難しくなったのか/冒険のジャンル化/脳のシステム化

第四章 現代における脱システムの実例
変質する北極点到達という行為/なぜ冒険はスポーツ化するのか/人間の世界から狼の世界へ/服部文祥のサバイバル登山/極夜の探検

第五章 冒険と自由
冒険の批評性/自由と自力の関係/人はなぜ冒険をするのか

【本の内容】

著者紹介

角幡 唯介

略歴
作家、探検家。1976年、北海道生まれ。『空白の五マイル』で開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞、『雪男は向こうからやって来た』で新田次郎文学賞、『アグルーカの行方』(全て集英社文庫)で講談社ノンフィクション賞を受賞。著書は他に『漂流』(新潮社)『極夜行』(文藝春秋)などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

冒険の定義がわかりました。

2018/09/24 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ら君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒険しないではいられない人が、いつの時代にも一定数存在するのだと思います。
冒険の定義を熱く語っている本です。

冒険しないではいられないのは何故なのか知りたかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/28 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/15 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む