サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憲法9条へのカタバシス
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/04/26
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:22cm/217p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-622-08673-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

憲法9条へのカタバシス

著者 木庭顕 (著)

精緻な9条2項論、ソクラテス・メソッドを駆使して説く憲法改正問題、近代市民社会の基底を問う漱石・鷗外論…。ローマ法を専門とする碩学が、9条の構造をクリアに見透かす。『法律...

もっと見る

憲法9条へのカタバシス

4,968(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

精緻な9条2項論、ソクラテス・メソッドを駆使して説く憲法改正問題、近代市民社会の基底を問う漱石・鷗外論…。ローマ法を専門とする碩学が、9条の構造をクリアに見透かす。『法律時報』ほか掲載に書き下ろしを加え書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

憲法9条とりわけ2項をどう解釈すればいいのだろうか。今まで一度も真に理解しないまま、粗雑な議論で花芽を摘んでいいはずがない。カタバシスは「下降行」、転じて、冥府に降り、過去の人物に遭うこと、さらに転じて、時間軸を遡ることをいう。タイムトンネルをくぐり、明晰に著者は立論する。
9条は、パリ不戦条約が自衛権留保によって空洞化したという苦い歴史的経験の上に立つものであった。自衛概念の危険性は、ホッブズが遙かトゥーキュディデースの書物を最深部まで読み込み、その克服の見事なロジックを組み上げたものであった。
〈こうして、既に9条1項は、一見不戦条約をそのまま継承するものに見えて、自衛のための戦争をも否定する〉〈2項はさらに、占有線を越えない実力形成といえども内部をトータルに軍事化して他国の軍事化に対抗し抑止力(報復力)を得るものであればこれを禁ずる趣旨である。これが自衛権拡張の主要なヴィークルだからである〉そして〈政治システム存立にとって不可欠の原則を宣明したこれらの規定は憲法に不可欠であり、削除することは政治システムの破壊に等しいから、改正は違法である〉

精緻にしてストレートな9条論、ソクラテス・メソッド(対話)を駆使して説く憲法改正問題、近代市民社会の基底を問う圧巻の漱石論・鷗外論(書き下ろし)から、自衛戦争を正当化したとされる通説を鮮やかに覆すホッブズ論まで、ローマ法を専門とする碩学がクリアに見透す9条の構造。【商品解説】

憲法9 条とりわけ2項をどう解釈すべきか。著者の結論は明快である。1項「戦争放棄」はパリ不戦条約が自衛権留保により空洞化した苦い経験に立つものであり、2項「戦力不保持」はその1 項を有名無実化させないために、武力行使に至らなくとも「内側を火の玉のようにする」軍事化自体を禁じた。碩学のローマ法学者がクリアに見通す9条の構造。ストレートな9条論、法学部1 年にソクラテス・メソッド(対話)を駆使して説く改憲手続、自衛戦争を正当化したとの通説を鮮やかに覆すホッブズ論まで9条を論証し尽くす。【本の内容】

目次

  • 1 日本国憲法9条2項前段に関するロマニストの小さな問題提起
    • 1 問題
    • 2 若干の迂回

著者紹介

木庭顕

略歴
〈木庭顕〉1951年東京生まれ。東京大学法学部卒業。同大学名誉教授。専門はローマ法。「法存立の歴史的基盤」で日本学士院賞受賞。他の著書に「政治の成立」「デモクラシーの古典的基礎」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

精緻にしてストレートな9条論、ソクラテス・メソッドを駆使して説く改正問題、近代市民社会の基底を問う漱石論・鴎外論、自衛戦争を正当化したとされる通説を覆すホッブズ論まで。

2018/06/26 13:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「カタバシス」とは、ギリシャ語で地の底、死者の住む冥府に降りていくこと。論理という掘削機で問題を掘り下げ、過去の、とりわけ古代ギリシャ・ローマの言説を引照基準として、憲法9条の論理構造を明らかに。著者の主張は論理的主張であって、決して机上の空論ではない。基準は「占有原理」である。占有侵害を押し戻す実力行使のみ憲法9条に合致する。論理という掘削機で問題を掘り下げ、憲法9条の論理構造を明らかにしようとする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/27 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/30 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

法学・法制史 ランキング

法学・法制史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む