サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書
  4. 教育
  5. みすず書房
  6. 公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/17
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/303,7p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-08682-6
  • 国内送料無料

紙の本

公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー新刊

著者 柳 与志夫 (編),田村 俊作 (編)

公共図書館は何をしてきたか、何ができるのか。装備、図書館員、貸出カウンター、出版業界など、多様なテーマから日本の公共図書館史を見直し、これからの可能性を考える。【「TRC...

もっと見る

公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー

3,780(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

公共図書館は何をしてきたか、何ができるのか。装備、図書館員、貸出カウンター、出版業界など、多様なテーマから日本の公共図書館史を見直し、これからの可能性を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

今とは違う、別の公共図書館がありえたのではないか、それが本書を生み出す母体となった研究会メンバーの共通の思いだった。近代公共図書館が欧米で成立してからまだ200年もたっていない。我が国においてある程度普及してきたのは100年程度の話だ。一般の人々や図書館関係者の間で公共図書館像の揺らぎがあっても何の不思議もない。近年の指定管理者問題や無料貸本屋論争を見ていると、そもそも公共図書館という制度は日本に根づいているのだろうか、という疑問もわいてくる。その一方で、書店や出版をテーマとする本と並んで、図書館に関する本が次々と出版されている。そこにはさまざまな背景を持つ人々の図書館に対する期待や不満、理想が込められているのだろう。残念ながらそれに対して、図書館界から、これからの新しい公共図書館像が提示されているようには思えないのである。そして、私たちが、その解決のヒントを得ようとしたのが、我が国の公共図書館史をもう一度見直してみることだった。そこに別の可能性、別の見方があったのではないだろうか。
(「まえがき」より)

〈歴史から見直す〉〈図書館ではどんな本が読めて、そして読めなかったのか〉〈本が書架に並ぶまで〉〈図書館界と出版業界のあいだ〉〈図書館で働く人々――イメージ・現実・未来〉〈貸出カウンターの内と外――オルタナティブな時空間〉〈何をしたかったのか、何ができるのか〉の全7章。【商品解説】

いまも多様性と画一性のあいだで模索をつづけている公共図書館。明治以降今日まで数々のアプローチがなされた試みはどのようなものだったか――図書館無料原則の根拠、貸出サービス第一主義の根拠とレファレンス・サービス主軸主義への転換、貸本業・書店と図書館との関係、場としての図書館・文化根拠としての図書館の取り組み、出版界と図書館の関係の歴史など、さまざまなパースペクティブから、公共図書館の現実と可能性について考える。【本の内容】

目次

  • まえがき――公共図書館の「もうひとつの」可能性 (柳与志夫)
  • 第1章 歴史から見直す (田村俊作)
  • 1 新しい図書館・話題の図書館
  • 2 無料貸本屋と武雄市図書館
  • 3 図書館のはじまり
  • 4 『格子なき図書館』
  • 5 市民の読書施設へ
  • 6 多様な担い手・多様な資源・多様な空間・多様な活動

収録作品一覧

歴史から見直す 田村俊作 著 1−54
図書館ではどんな本が読めて、そして読めなかったのか 小林昌樹 著 55−104
本が書架に並ぶまで 鈴木宏宗 著 105−143

著者紹介

柳 与志夫

略歴
〈柳与志夫〉1954年生まれ。東京大学情報学環特任教授。
〈田村俊作〉1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授(図書館情報学)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

教育施設 ランキング

教育施設のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む