サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 医学
  4. 医療・衛生
  5. みすず書房
  6. 死を生きた人びと 訪問診療医と355人の患者

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死を生きた人びと 訪問診療医と355人の患者
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/02
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-08690-1
  • 国内送料無料

紙の本

死を生きた人びと 訪問診療医と355人の患者

著者 小堀 鷗一郎 (著)

最後の日々をどう生き、いかに終えるか−。これまでに355人の看取りに関わった訪問診療医が語る、患者たちのさまざまな死の記録。日本の終末医療が在宅診療・在宅看取りへと舵を切...

もっと見る

死を生きた人びと 訪問診療医と355人の患者

2,592(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最後の日々をどう生き、いかに終えるか−。これまでに355人の看取りに関わった訪問診療医が語る、患者たちのさまざまな死の記録。日本の終末医療が在宅診療・在宅看取りへと舵を切りつつある今、必読の書。【「TRC MARC」の商品解説】

355人の看取りに関わった往診医が語るさまざまな死の記録。延命のみに長けた現代社会で、患者たちが望み、模索し続けた最期とは。

現代日本では、患者の望む最期を実現することは非常に難しい。多くの患者が、ひたすら延命しようとする医者や、目前の死期を認識しない親族と患者自身、病院外の死を「例外」とみなす社会によって、望まない最期に導かれていくためだ。しかし著者の患者たちは、著者と語り合ううちにそれぞれの望む死を見いだしていく。その結果、7割の患者が自宅での死を選んでいる。鮮烈なエピソードを通じ読者に「どう死にたいか」を問う一冊。【商品解説】

これまでに350 人以上を看取った往診医が語る、自身の患者たちのさまざまな死の記録。現代日本では、患者の望む最期を実現することは非常に難しい。多くの患者が、ひたすら延命しようとする医者や、目前の死期を認識しない親族と患者自身、病院外の死を「例外」とみなす社会によって、望まない最期に導かれていくためだ。しかし著者の患者たちは、日々の往診でいつか来る死について著者と語り合ううちに、それぞれの望む死を見いだしていく。その結果、8 割が病院で死亡する現代の日本において、著者の患者はその7 割が自宅での死を選んでいる。数々の鮮烈なエピソードを通じて、読者に「どう死にたいか」を問う。日本の終末医療が在宅医療・在宅看取りへと大きく舵を切りつつある今、必読の書。【本の内容】

目次

  • はじめに
  • 第1章 在宅医療の世界へ
  • 第2章 在宅死のリアリティ――死者三五五名からのメッセージ
  • 1 在宅医療と在宅死
  • 2 在宅医療・在宅死の経済的側面
  • 3 患者と家族にとっての在宅死
  • 4 医師は在宅医療を知らない
  • 5 介護関係者・行政・社会にとっての在宅死

著者紹介

小堀 鷗一郎

略歴
〈小堀鷗一郎〉1938年東京生まれ。東京大学医学部医学科卒業。医学博士。国立国際医療研究センターなどに外科医として約40年間勤務。定年退職後、訪問診療医として在宅診療に携わる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

医療・衛生 ランキング

医療・衛生のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む