サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~第四弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経済の通販
  5. 慶應義塾大学出版会の通販
  6. 中国「強国復権」の条件 「一帯一路」の大望とリスクの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中国「強国復権」の条件 「一帯一路」の大望とリスク
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/14
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:19cm/388p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-2509-3

紙の本

中国「強国復権」の条件 「一帯一路」の大望とリスク

著者 柯隆 (著)

“目覚めた獅子”はどこへ向かうのか−。一帯一路構想を掲げアジアインフラ投資銀行(AIIB)を設立するなど、国際的なプレゼンスを高める中国。今後直面する難題をどう修正するか...

もっと見る

中国「強国復権」の条件 「一帯一路」の大望とリスク

税込 2,160 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“目覚めた獅子”はどこへ向かうのか−。一帯一路構想を掲げアジアインフラ投資銀行(AIIB)を設立するなど、国際的なプレゼンスを高める中国。今後直面する難題をどう修正するか、気鋭の中国人エコノミストが解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

「改革・開放」40年――“目覚めた獅子”はどこへ向かうのか

アヘン戦争以来“中華”の座を追われた中国は、150年余りを経ていま再び世界の中心へと返り咲こうとしている。新しいシルクロード・ネットワークの構築や国際金融機関の中核を担うなど、覇権回復への旺盛な意欲を世界に向けて発信している。
しかし、その足元は十分に安定的なのか? 国内に残る諸問題をいかに整理し、名実ともに王座奪還を果たすには、何が必要か?
気鋭の中国人エコノミストが自国の状況を余すところなく解き明かす!

▼勢いの衰えを見せるアメリカをよそに、着々と覇権奪還を準備する中国の進み行く方向と、その足元の不安定度をつぶさに捉える!
▼政策の背景に潜む「中国的思考」を読み解き、毛沢東思想への回帰と独裁的権力集中の危うさを考える。

一帯一路構想を掲げアジアインフラ投資銀行(AIIB)を設立するなど、国際的なプレゼンスを高める中国。しかし、その進め行く政策には多分に矛盾を孕んだものも見受けられる。ITネットワークによって経済の近代化を進めれば進めるほど、同時にインターネットによる拡散で「民主化」「自由思考」が浸透し、一党独裁の基盤が揺らぐ。外国の自由な空気に触れた「海亀組」は中国に帰国せず、自由主義国にとどまって働くことを選び、結果として優秀な人材を流出させることになるなど、今後中国が直面する難題をどう修正するか――本書には、日本人が気づきにくい多くの視点から中国をどう見て行くべきか、そのヒントが数多く鏤められている。【商品解説】

一帯一路構想を掲げアジアインフラ投資銀行(AIIB)を設立するなど、アヘン戦争以来の“中華”の姿へと返り咲こうとする中国。一方、その足下である国内に残る諸問題をいかに整理し、解決していくか。気鋭の中国人エコノミストが、自国人ならではの視点から国家像の行方を浮き彫りにする。【本の内容】

目次

  • 第1章 中国的ヘゲモニーと一帯一路
  •  
  • 第2章 中華民族の復興と富国強兵の夢
  • 第3章 鄧小平の目指したもの――なぜ彼は毛沢東を否定しないのか
  • 第4章 文革世代の統治と毛沢東思想への回帰
  • 第5章 「改革」と「開放」の矛盾

著者紹介

柯隆

略歴
〈柯隆〉1963年中華人民共和国生まれ。名古屋大学大学院修士課程修了。東京財団政策研究所主席研究員、静岡県立大学グローバル地域センター特任教授。著書に「爆買いと反日」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中国人エコノミストによる中国の将来展望です!

2018/11/13 08:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、中国人エコノミストによる現在の中国の状況を分析したものです。中国は現在、「一帯一路」と呼ばれる現代版の新しいシルクロード・ネットワークを構築したり、国際金融の中核的役割を担うなど、世界の覇権をとるべき積極的に世界進出に乗り出しています。しかし、その基盤は果たして安定しているのでしょうか。国内に残された数々の問題などはどのようになっているのでしょうか。本書は、その中国を自国状況に詳しい中国人エコノミストの目から鋭く分析した書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/10 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。