サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 詩歌の通販
  5. 河出書房新社の通販
  6. 主よ一羽の鳩のために 須賀敦子詩集の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

主よ一羽の鳩のために 須賀敦子詩集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/03/16
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:19cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02656-5

紙の本

主よ一羽の鳩のために 須賀敦子詩集

著者 須賀敦子 (著)

30歳の日々、ローマでひとり呼びかけつづけた「あなた」への魂のことば−。没後20年にして新たに発見された詩を収録。巻頭口絵に手書き原稿を掲載する。池澤夏樹による解説付き。...

もっと見る

主よ一羽の鳩のために 須賀敦子詩集

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

30歳の日々、ローマでひとり呼びかけつづけた「あなた」への魂のことば−。没後20年にして新たに発見された詩を収録。巻頭口絵に手書き原稿を掲載する。池澤夏樹による解説付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

須賀敦子

略歴
〈須賀敦子〉1929〜98年。兵庫県生まれ。慶應義塾大学で文学博士号取得。多くの日本文学をイタリア語に訳して紹介する。「ミラノ霧の風景」で講談社エッセイ賞、女流文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

その人は詩人の心を持って生きていた

2018/05/01 15:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

その人の肩書を見ると、文筆家、翻訳家、イタリア文学研究者と多岐に活躍していたことがわかる。
 その人、今年没後20年を迎えた須賀敦子さんは、1991年に『ミラノ霧の風景』で講談社エッセイ賞や女流文学賞を受賞しているから文筆家であることは確かだし、多くの翻訳書も出版しているから翻訳家といっても間違いない。その翻訳の根本にはイタリア語が堪能であったことや大学で学生たちに教鞭をとっていたことがある程の研究者であったのも事実だ。
 そんな須賀さんに、これ以上何ほどの肩書が必要であろうか。

 没後20年に際して見つかった須賀の30歳の時に書き溜めたと思われる詩篇の数々。
 この本に収められた詩は1959年1月から12月に書かれたもので、巻末の池澤夏樹氏の解説によればこの年、須賀さんは「だいたいローマで勉強と友人たちとの行き来に明け暮れ」、「満ち足りた喜びの多い日々だったろうと想像される」とある。
 しかし、ここに収められた詩から感じるのは「満ち足りた喜び」ではない。
 むしろ、深い哀しみを包含したような、神への敬虔な祈りのようなものだ。
 この本の巻頭には、須賀さんの手によるそれらの詩のいくつかが図版として掲載されているが、その筆の運びの柔らかなことか。
 これは一読者の想像ではあるが、ローマという異国にあって、須賀さんは確かな土を踏んでいたのではなく、なんとも心細い思いもまたあったのではないだろうか。

 いずれにしても、こうして須賀さんの肩書に「詩人」とつけられることにもなるのだろうが、もともと須賀さんは詩人の心を持ったひとであったと、誰もが感じていることでもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/31 01:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/18 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/09 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む