サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

歴史と戦争(幻冬舎新書)
歴史と戦争(幻冬舎新書) 歴史と戦争(幻冬舎新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/03/29
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎新書
  • サイズ:18cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-98496-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

歴史と戦争 (幻冬舎新書)

著者 半藤一利 (著)

幕末・明治維新からの日本近代化の歩みは、戦争の歴史でもあった。過ちを繰り返さないために、私たちは歴史に何を学ぶべきなのか。80冊以上の著作から半藤日本史のエッセンスを厳選...

もっと見る

歴史と戦争 (幻冬舎新書)

842(税込)

歴史と戦争

800 (税込)

歴史と戦争

ポイント :7pt / 紙の本より42おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幕末・明治維新からの日本近代化の歩みは、戦争の歴史でもあった。過ちを繰り返さないために、私たちは歴史に何を学ぶべきなのか。80冊以上の著作から半藤日本史のエッセンスを厳選して紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

幕末・明治維新からの日本近代化の歩みは、戦争の歴史でもあった。日本民族は世界一優秀だという驕りのもと、無能・無責任なエリートが戦争につきすすみ、メディアはそれを煽り、国民は熱狂した。過ちを繰り返さないために、私たちは歴史に何を学ぶべきなのか。「コチコチの愛国者ほど国を害する者はいない」「戦争の恐ろしさの本質は、非人間的になっていることに気付かないことにある」「日本人は歴史に対する責任というものを持たない民族」――八〇冊以上の著作から厳選した半藤日本史のエッセンス。
【本の内容】

著者紹介

半藤一利

略歴
〈半藤一利〉1930年東京生まれ。東京大学文学部卒業。作家。「昭和史」で毎日出版文化賞特別賞を受賞。2015年、菊池寛賞を受賞。ほかの著書に「世界史のなかの昭和史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これまでの著作の抜粋集。時代の空気感が伝わる。

2018/05/03 13:39

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の、多くの著作からの抜粋集。
主に幕末から戦後にかけての、著者自身の体験談や直接見聞きした話、
出来事に対する見解、調べた話、歴史小話などが、
だいたい歴史の流れ順に掲載されている。

著者が1930年生まれで戦争の時代を経験しているので、
その時代の空気感といったものが、伝わってくる。
日米開戦時の作家たちの言葉、つまり開戦に興奮し、
真珠湾攻撃の成功を喜んでいる様子などが、印象に残った。

巻末の「出典著作一覧」に出ている著作数が80冊以上で、本書はそのエッセンスなので、
より深く歴史を知るには、また著者の別の歴史書を読まなければ、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

含蓄のある言葉

2018/09/03 11:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たか - この投稿者のレビュー一覧を見る

半藤さんならではの含蓄のある言葉の数々。戦争とは、人間とは、考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

情報の索引として使える

2018/08/16 11:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある会合で、知人の方が持っていた一冊。
 明治維新から日本の敗戦、その後までを簡潔にまとめた内容。著者の著作集のなかから、抜き出したもので構成されている。
 ここに記述されている内容は前後の文脈がわからないだけに、鵜呑みにするには危険。やはり、著者の作品を読んで、なぜ、この箇所が該当したのかを考えるべき。
 例えば、勝海舟の「氷川清話」からの引用があるが、この「氷川清話」も勝海舟の口述を新聞記者が筆記したもの。それを新聞に掲載するにあたり、時の政府を刺激しないように削除、伏字が混じっている。そういった背景を考えれば、そのまま引用するわけにはいかない。
 本書は「戦争と歴史」という項目での情報索引として使えばよい。西郷隆盛が「農本主義者」というのであれば、農本主義とは何かを考える。明治維新が暴力革命というのであれば、明治維新とは何か、革命とは何かを考える。さらには、明治維新が中国革命に及ぼした影響にまで考えを及ぼすための道標である。
 願わくば、「半藤一利がこう述べていた」と、居酒屋談義に持ち込んで、押し通さないことが賢明と考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/04 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/17 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/07 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/19 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む