サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パディントン、映画に出る
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2018/03/14
  • 出版社: WAVE出版
  • サイズ:20cm/239p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-86621-083-4

紙の本

パディントン、映画に出る

著者 マイケル・ボンド (作),ペギー・フォートナム (絵),R.W.アリー (絵),三辺 律子 (訳)

パディントンが主役の映画の撮影がおこなわれることになりました。パディントンは撮影のため、毎日朝早く出ていって、夜遅く帰ってくるようになって…。世界一愛らしいくまの世界一楽...

もっと見る

パディントン、映画に出る

1,512(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パディントンが主役の映画の撮影がおこなわれることになりました。パディントンは撮影のため、毎日朝早く出ていって、夜遅く帰ってくるようになって…。世界一愛らしいくまの世界一楽しい物語を7話収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

カリーさんのお誕生日プレゼント 6−37
パディントンのカキ事件 38−71
春の大そうじ 72−98

著者紹介

マイケル・ボンド

略歴
〈マイケル・ボンド〉1926〜2017年。イギリス生まれ。テレビ・カメラマンをへて、作家となる。「くまのパディントン」シリーズは30か国以上で出版される。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『パディントン、映画に出る』

2018/07/24 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

松岡享子訳の福音館版パディントンシリーズ全10巻の続編3冊がWAVE出版から三辺律子訳で刊行

その3冊目、ときあたかもオリンピックが開催される2012年のロンドンを背景に描かれた“PADDINGTON RACES AHEAD”(2012年刊)の邦訳

売りつけられたひげそり用クリームが四方八方に飛びちって...
バスカードの“オイスター”を本物のカキと勘ちがいして...
スポーツクラブの無料体験に参加したのはいいけれど...

「最悪なことになっちゃったんだ」

松岡訳を踏襲した三辺の訳文に違和感はなく、フォートナムの挿絵も一部がカラーになってぜいたくな一冊にしあがっている

「クマっていびきをかくのかなあ? 動物園に電話して、きいてみようか」
「もうパディントンにきいたわ。いびきなんてかかないって。まえに、かくかどうか調べるために夜中まで起きてたんだけど、自分は一度もかかなかったって言ってた」

われらが愛すべきパディントンに会えるさいごの一冊

原書の時系列としては、
1974年刊“PADDINGTON ON TOP”
 =『パディントンの大切な家族』福音館版第10巻
1979年刊“PADDINGTON TAKES THE TEST”
 =『パディントン、テストをうける』WAVE出版版第1巻
2008年刊“PADDINGTON HERE AND NOW”
 =『パディントンのどろぼう退治』WAVE出版版第2巻
につづく三部作最終巻

映画『パディントン』『パディントン2』を見た人もこれから見る人も
生誕60周年記念「くまのパディントン展」を見た人も見そこなった人も

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む