サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. コミックエッセイの通販
  5. 彩図社の通販
  6. カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/26
  • 出版社: 彩図社
  • サイズ:21cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8013-0300-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

紙の本

カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由

著者 たもさん (著)

友達、服装、進学、恋愛…多くのことを諦めてきたのに、神様っていないの? 「エホバの証人2世」の著者が、カルト宗教の世界と25年間の信仰を捨てた理由を綴ったコミックエッセイ...

もっと見る

カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由

1,080(税込)

カルト宗教信じてました。

918 (税込)

カルト宗教信じてました。

ポイント :8pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 153.6MB 無制限
Android EPUB 153.6MB 無制限
Win EPUB 153.6MB 無制限
Mac EPUB 153.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

友達、服装、進学、恋愛…多くのことを諦めてきたのに、神様っていないの? 「エホバの証人2世」の著者が、カルト宗教の世界と25年間の信仰を捨てた理由を綴ったコミックエッセイ。著者のブログ等をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

カルト宗教から解き放された作者

2018/08/26 08:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の女性が、信じていたカルト宗教の真実に気付き、束縛から解き放されるシーンが印象的です。
作者の心が解き放され、本当に良かったとしみじみ思いました。
作者の今後の幸せを期待したいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私はエホバの証人の子供です。

2018/08/24 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リンドウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は、著者とほぼ同じ立場、「エホバの証人2世」です。
このようなエホバの証人問題を扱う本を読み、集めることをライフワークとしています。
組織から抜け出し、マインドコントロール(洗脳)が解けた今でも、あの宗教を信仰していたことは「過去のこと」になっていません。もう18年も経っているというのに。
私がエホバの証人問題関係の本を読み始めた頃は、組織の外部からの視点のものがほとんどでしたが、最近になってようやくこのコミックのような「内部からの視点」そして「2世だった過去の記憶」を扱う本が増えてきたように感じます。
エホバの証人2世は、細部は違えど、多かれ少なかれ著者と同じような辛い経験を味わっています。これはただのコミックエッセイではありません。エホバの証人、その組織、彼らの子供などを知るための貴重な資料となります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

悩みはわかるが許せない

2018/06/28 20:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事をせずに家にいる頃、エホバの人が度々ピンポンして来るので辟易していた。
小さい子を連れて来るのは仕方ないと思っていたが、
一度中学生位のお子さんにピンポンさせて来た女性がいたので、
文句を言ってしまった事があったが、親子ではなかったのかもとこの本を読んで思った。
どちらにしても、親には信教の自由があるかもしれないが、
子どもは別人格だろうと思った。その時の怒りが沸々と蘇った。
そして小さい子への虐待まであるとは悲しい。
結婚し子どもを持ってから悩みを持つ気持ちはよくわかるが、
著者のお母さん、他の道はなかったのかな。
著者が、同じ思いを共有できる伴侶を得て抜け出せたは、本当によかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/02 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/18 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/26 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/23 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/10 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/20 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他の宗教 ランキング

その他の宗教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む