サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海うそ(岩波現代文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/18
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-602298-3
文庫

紙の本

海うそ (岩波現代文庫 文芸)

著者 梨木香歩 (著)

昭和の初め、人文地理学の研究者、秋野は南九州の遅島へ赴く。彼の心を捉えて離さないその島。そして地図に残された「海うそ」ということば。50年後、不思議な縁に導かれ、秋野は再...

もっと見る

海うそ (岩波現代文庫 文芸)

799(税込)

海うそ

799 (税込)

海うそ

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.6MB 無制限
Android EPUB 7.6MB 無制限
Win EPUB 7.6MB 無制限
Mac EPUB 7.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和の初め、人文地理学の研究者、秋野は南九州の遅島へ赴く。彼の心を捉えて離さないその島。そして地図に残された「海うそ」ということば。50年後、不思議な縁に導かれ、秋野は再び島を訪れる…。魂の遍歴の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

心地よく、そして寂しい。

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

佐伯教授亡きあと研究をひきつぎ現地調査のため南九州の遅島に赴いた秋野は、島民に見せてもらった地図に「海うそ」という文字が書かれていることに気付く。
「海うそ」とは一般的にはニホンアシカのことであるが、地図にあるその場所に海はない。
そこではニホンアシカではなく、別のものをみることができるのだという。
彼は島を歩き寺院を巡りながら、次第に自らが喪ったものへと想いをはせていく。
この物語には多数の植物や虫が登場する。
例えば他の植物の上に根を下し成長する絞め殺しのアコウの木、手のひらが上をむいているようにみえるというミツガシワ、先導するように目の前を飛んだリュウキュウベニイトトンボ。
読書中は呼吸をすれば山の冷たく深い緑が肺をしめるような気持ちになる。
梨木香歩氏の文章は読者をその場に呼ぶ力があるのかもしれない。
心地よく、そして寂しい。
同じ場所を旅したくなるように、またこの物語を読み直したくなるのだろうと思う。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2018/09/17 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/29 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/01 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/16 08:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/04 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/05 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/16 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/08 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/08 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/06 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/04 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/03 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/21 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/27 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/10 07:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波現代文庫 ランキング

岩波現代文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む