サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

逢魔が時に会いましょう(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/20
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745722-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

逢魔が時に会いましょう (集英社文庫)新刊

著者 荻原 浩 (著)

民俗学者・布目准教授と助手・真矢のコンビが、座敷わらし、河童、天狗など、日本のもののけ探しに奔走する。笑って泣ける珍道中! 『小説すばる』掲載を加筆・修正し、書き下ろしを...

もっと見る

逢魔が時に会いましょう (集英社文庫)

583(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

民俗学者・布目准教授と助手・真矢のコンビが、座敷わらし、河童、天狗など、日本のもののけ探しに奔走する。笑って泣ける珍道中! 『小説すばる』掲載を加筆・修正し、書き下ろしを追加して文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

民俗学者布目准教授と助手の真矢。座敷わらしを探す旅で、子供が8人いる家族を訪問。いつしか子供が9人になり……。座敷わらし、河童、天狗と怪しいもの探しの笑って泣ける珍道中。オリジナル文庫。


【商品解説】

収録作品一覧

座敷わらしの右手 7−79
河童沼の水底から 81−154
天狗の来た道 155−249

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

身近な些細なものに目を向ける

2018/05/07 23:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『遠野物語』の書名は知っていても、手に取るにはちょっと敷居が高い・・・。そんな自分に合うのが本書かもしれない。座敷童に河童、それから天狗。民俗学の書も筒の中に今や封じられてしまったものを探す主人公の准教授。実用性皆無の研究のために、国立大学の職を失ってしがない(?)私立大学へ。偶然現地調査の助手のアルバイトを引き受けた女子学生も、ほぼ叶わぬ夢を追い続けるかどうかで逡巡していた。
二人の調査をたどりながら、民俗学や、文化論、生きる目的などいろいろな観点で楽しめる一冊だった。身の回りの小さなことに温かい目を向けた昔の人たちの豊かなイマジネーションにも心引かれました。かつて途中でくじけた遠野物語をもう一度読んでみようか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/05 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/04 07:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/14 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/06 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/01 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る