サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 国防・軍事の通販
  5. 徳間書店の通販
  6. 空母を持って自衛隊は何をするのか 朝鮮半島危機後の安全保障を再考するの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空母を持って自衛隊は何をするのか 朝鮮半島危機後の安全保障を再考する
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/29
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-864623-3
  • 国内送料無料
資格・検定

紙の本

空母を持って自衛隊は何をするのか 朝鮮半島危機後の安全保障を再考する

著者 兵頭 二十八 (著)

日本をめぐる軍事的な危険、危難、禍患を見つめ直すとともに、近未来の「マルチ災害環境」を想定し、防衛省・自衛隊などが担い得る国民生活防護機能について論じる。AIハザードに強...

もっと見る

空母を持って自衛隊は何をするのか 朝鮮半島危機後の安全保障を再考する

1,890(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本をめぐる軍事的な危険、危難、禍患を見つめ直すとともに、近未来の「マルチ災害環境」を想定し、防衛省・自衛隊などが担い得る国民生活防護機能について論じる。AIハザードに強い装備類も紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

自衛隊がついに空母を保有する方針を打ち出した。『いずも』型護衛艦を改造すれば垂直離着陸可能な「F-35B」を搭載する空母はすぐにも実現できる。しかし、『いずも』には弱点が……。『拡大しらね』型護衛艦を軽空母として活用すれば、より効果的に南シナ海などにおける中共の軍事活動を封じることが可能となる。朝鮮半島危機以後の安全保障やAI技術の動向など激変する環境を先取りし、日本がサバイバルできる自衛隊の装備とは何かを提言する。【商品解説】

AIがなんでも解決してくれるかのような幻想が日本を覆っているが、こと国土防衛に関してはローテクな装備こそが底時からを発揮する場面が多々ある。例えば73式トラックである。高性能の電子制御エンジンは電子戦によって容易に無力化される。いすゞのディーゼルエンジンは泥濘をものともせずに前進できる。日本国民が北朝鮮のミサイルから大災害まで含めてどのようにサバイバルするか。自衛隊の装備をめぐる究極の思考実験。【本の内容】

著者紹介

兵頭 二十八

略歴
〈兵頭二十八〉1960年長野市生まれ。陸上自衛隊勤務後、東京工業大学社会工学専攻博士前期課程、月刊『戦車マガジン』編集部などを経て、著述業。著書に「AI戦争論」「日本の兵器が世界を救う」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

幅広く自衛隊の装備の在り方を検討

2018/07/13 10:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZATO - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルには「空母」と入ってますが、自衛隊の装備の今後の在り方について、幅広く検討している本です。兵装に関心のある人はもちろんのこと、安全保障の在り方に関心がある人にもぜひ手に取って欲しい一冊だと思います。
兵頭氏の他の著書でも主張してることですが、結局、わが国の自衛隊はどういう方法で安全保障を確保するのか、そのために必要な装備はどのようなものか、という点を深く検討せずに、見栄えが良くかつ高価な装備に目が行きがちだと思います。
高価なBMD(弾道ミサイル迎撃システム)を充実させるよりも、都市の不燃化を進める方が確実な安保投資だというのは、とっても納得いく話です。
大切な税金を真に効果的な装備に投資する姿勢が、政治家と官僚に求められています。納税者は政治家や官僚がそうした方向に向かうためにも、必要な知識と知恵を増やすことが大事だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の国防・自衛隊 ランキング

日本の国防・自衛隊のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む