サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

滅びの園(幽ブックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/31
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 幽ブックス
  • サイズ:20cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-106432-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

滅びの園 (幽BOOKS)

著者 恒川光太郎 (著)

突如天空に現れた〈未知なるもの〉、地上に増殖しつづける不定形生物・プーニー。災害対策本部が結成されるが、大規模火災が起こり…。混迷を極める世界を救うのは? 『幽』掲載に加...

もっと見る

滅びの園 (幽BOOKS)

1,728(税込)

滅びの園

1,728 (税込)

滅びの園

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.6MB 無制限
Android EPUB 7.6MB 無制限
Win EPUB 7.6MB 無制限
Mac EPUB 7.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

突如天空に現れた〈未知なるもの〉、地上に増殖しつづける不定形生物・プーニー。災害対策本部が結成されるが、大規模火災が起こり…。混迷を極める世界を救うのは? 『幽』掲載に加筆・訂正し書き下ろしを加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

突如天空に現れた<未知なるもの>。 世界で増殖する不定形生物プーニー。 抵抗値の低い者はプーニーを見るだけで倒れ、長く活動することはできない。 混迷を極める世界を救う可能性のある作戦は、ただ一つ――。【商品解説】

著者紹介

恒川光太郎

略歴
〈恒川光太郎〉1973年東京都生まれ。「夜市」で日本ホラー小説大賞、「金色機械」で日本推理作家協会賞を受賞。ほかの著書に「南の子供が夜いくところ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.2

評価内訳

電子書籍

じわじわと侵されて死んでいく恐ろしさ

2018/08/11 13:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

突如現れた地球外生命体プーニー。
巨大な粘菌生物は動物の身体や精神を蝕む特性を持っていた。
最初に取り込まれ、物理的には厚みのない、想念の世界、に飛ばされた誠一。
なにかにつけて言い訳めいていて、原因を自分の外に求める彼はその妄想世界の住人になってしまう。

そして地球。
汚染への耐性は高いものの、まだ中学生に過ぎない相川聖子と児島健。除去作業に携わり、身体と精神を侵された人々の死を見つめる。
なにより死の寸前まで意識も人の形も保持しているのが、実にいやらしい。

殺伐とした世界だが、生き残りを賭けた賢明の作業を続ける。
その後も次々に現れる高耐性の保持者。
プーニーを操るため、死の危険を犯しての個体摂取。
わが子を殺されかけた復讐のためなら殺人もためらわない母。
異世界に安住する誠一を説得するため、不帰と知りながら志願して乗り込む名もなき人々。
想念の世界へ送られても、精神の平衡を失って世界に留まってしまったり、誠一らに怪物として退治されてしまったり。
湿っぽさをあえて省いたような淡々とした描写が続き、それがお話に奥行きをもたらしている。



最終幕で誠一が見たものは、自身の内に残された希望だったのか。(地球外生命体に活力を与えるのか)
あるいは死の寸前にみたただの白昼夢なのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

〈想念の異界〉へ

2018/07/03 21:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

オススメ本です。
シリーズものではないので、すぐに読める一冊。
恒川光太郎さんの作品が大好きでデビュー作「夜市」からずっと読んでいますが、本作は新境地の一つと言えるのではないかと思います。テイストもSF的な要素が強く、恒川さん作品特有の“禍々しさ”は薄い感じ。

日々の生活に疲れたサラリーマンが異界に紛れ込むファンタジーの章と、宇宙から飛来した〈未知なるもの〉そして奇っ怪な生物プーニーと人類の闘いの章が相互に絡み合う、長編小説です。
どちらを守るべきか、何を大切にするべきか等、葛藤を感じながらも、一気に読みました。本を読む楽しさを味わえた一冊です。

それから、ダ・ヴィンチの2018年7月号に、「壮大なスケールで描かれる人類の危機!レトロで幻想的な破滅SF」という惹句のもと、作者のインタビューも交えた2ページにわたる本作の記事があります。作品世界を知る上で、こちらも是非ご一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/23 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/28 08:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/03 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/30 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/15 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/31 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/25 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/22 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/19 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/23 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/10 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/07 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/31 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む