サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アダムス・ファミリー全集 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/29
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:22cm/224p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-20742-1
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

アダムス・ファミリー全集 新装版

著者 チャールズ・アダムス (著),H.ケヴィン・ミゼロッキ (編),安原 和見 (訳)

ドラマ化・映画化もされ、世界中で愛されるアダムス・ファミリーのキャラクターの誕生と変遷を網羅的にたどった作品集。カラー図版、未発表作品を含む美麗なカートゥーン200点以上...

もっと見る

アダムス・ファミリー全集 新装版

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ドラマ化・映画化もされ、世界中で愛されるアダムス・ファミリーのキャラクターの誕生と変遷を網羅的にたどった作品集。カラー図版、未発表作品を含む美麗なカートゥーン200点以上を収録し、詳細な解説を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

朽ち果てた屋敷に住む、謎の美女モーティシアたちアダムス一家。世界中で愛される彼らが活躍する漫画集。未発表作、カラー画を含む全作品を収録。詳細な解説付き。2019年、新作映画化。【本の内容】

著者紹介

チャールズ・アダムス

略歴
〈チャールズ・アダムス〉1912〜88年。ニュージャージー州生まれ。漫画家。著書に「チャールズ・アダムスのマザー・グース」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アダムスファミリーの全てがわかる

2018/06/24 06:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

一言で言えば毎日ハロウィーンみたいな一族です。幽霊のような奥様、不幸せかい?と奥様へ愛を確かめる御当主、喪服に薄幸そうな顔つきの娘(結構たのしんでいるけど)、いたずらの限りを尽くして両親に褒められる息子、毒の瓶で歯磨きをするおじさん、魔女のようなおばあちゃんはガイコツとコウモリの型抜きクッキーを愛する孫に焼いてやり、忠実な執事はやかましいクリスマスの聖歌隊に油をかける…
常識的な生活とは正反対に生きる一家の、家族愛とユーモアに満ちた漫画です。

1991年に映画化されたアダムスファミリーが大好きだったので、原作を初めて見られて感激です。作者自ら書いたキャラクター設定(アメリカでアニメ化されるときに作った)が読めるのも嬉しい。映画とは少し違う設定もありますが、やはり漫画も映画もそれぞれ楽しいです。
漫画は「ニューヨーカー」掲載の一コマ漫画だったというのも初めて知りましたが、このユーモアはたしかにハイブロウでニューヨーカーらしいという気がします。
出版社の解説には全作品を掲載とありますが、本当にこれだけの漫画で長期アニメやドラマや映画を作ったのかと思うと、キャラクター設定は強烈でぶれそうにないものの、驚きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/13 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む