サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 講談社の通販
  6. 講談社+α新書の通販
  7. マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略への通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ(講談社+α新書)
マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ(講談社+α新書) マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ(講談社+α新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-511938-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ (講談社+α新書)

著者 山崎 明 (著)

高収益を上げながら、顧客の心の満足も高める欧州プレミアムブランド。自動車を中心にその強さの源泉を探り、今までの日本ブランドの問題点を明らかにして、日本発のプレミアムのあり...

もっと見る

マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ (講談社+α新書)

950(税込)

マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ

864 (税込)

マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ

ポイント :8pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高収益を上げながら、顧客の心の満足も高める欧州プレミアムブランド。自動車を中心にその強さの源泉を探り、今までの日本ブランドの問題点を明らかにして、日本発のプレミアムのあり方を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

「クールジャパン」はただの勘違い?
高品質低価格の呪縛にとらわれた日本企業は、このままでは欧米プレミアムブランドに負け続け、韓国・中国企業から下から突き上げられ、存在感を失くしてしまいかねません。
プレミアムブランディングのプロであり、国内外で実際のブランディング戦略に関わってきた著者が、プレミアムブランドの成立のプロセスを紐解きながら、日本企業・日本製品が高価格・高付加価値の世界商品になる方法を語ります。
その中で注目すべきはマツダ。急成長を遂げる同社の戦略に、日本企業が隘路を脱するヒントを見ます。
プレミアムブランドに限らず、薄利多売で苦境にあえぐすべてのビジネスマンの常識を覆す知恵がたっぷりの1冊です。【商品解説】

高品質、高付加価値、高価格の製品作りが日本を救う。マスブランディングで行きづまった日本企業はプレミアム化で復活する!【本の内容】

目次

  • 第1章 高くても欲しいと思わせるプレミアムブランド
  • 第2章 ヨーロッパのプレミアムブランドはなぜ強い?
  • 第3章 ブランド戦略がない? 日本ブランド
  • 第4章 日本からプレミアムブランドを生み出せるか
  • 第5章 「日本」というブランドをプレミアムにしよう!

著者紹介

山崎 明

略歴
〈山崎明〉1960年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。マーケティング/ブランディングコンサルタント。電通を経て独立。プライベートでは生粋の自動車マニア。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ビジネスのこれまでの常識を覆すアイデアが満載です!

2018/05/26 11:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、「高品質低価格」という日本企業がこれまで強みにしてきた呪縛を解かなければ、世界競争から脱落してしまうと警告を発し、新たな戦略を提案する画期的な書です。著者はブランド戦略の第一人者で、世界の様々なブランド擁立に成功を収めた経験をもとに、特にマツダの将来的な戦略を占います。もちろん、ブランド擁立というアイデアが中心ですが、その他にも様々な従来の我が国のビジネスでは考えられなかったアイデアが満載です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深く読みました

2018/06/22 02:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぜんまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

マツダはZoom-Zoom以降、日本車のブランド戦略としては非常に興味深い展開になってきていると思います。人によっては「プレミアムを気取ってるけど所詮..」とか「言うほど凄くもない」などと言う方もいますが、とはいえこのブランド構築の産みの苦しみをできている企業は決して多くはありません。マツダの英断とも言える選択と集中、所有する喜び・使う喜びにこだわったその姿勢には非常に共感を覚えています。タイトルに煽られますが、マツダの話は全体の1割、更に車の話ばかりでもありません。日本がこれからどうブランド構築をすべきかというひとつの考え方を教えてくれる本だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Brand信仰のお化け

2018/06/24 17:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nobita - この投稿者のレビュー一覧を見る

Brandに対する考え方はよくわかった。ただし日本企業は何でもかんでもBRAND信仰では浅はかすぎる。Brandは一部富裕層に貢献するだけで社会的な貢献は少ない。少量生産のマツダの例を示しているが、確かにBrand Onlyで一時的に生き残ることは出来る。が、多額の技術開発を一社が永続的に続けるのは不可能である。それは大企業の資本参加の中で一部車種を開発することのみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/02 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む