サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

性の進化史 いまヒトの染色体で何が起きているのか(新潮選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/25
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-603827-3
  • 国内送料無料

紙の本

性の進化史 いまヒトの染色体で何が起きているのか (新潮選書)

著者 松田 洋一 (著)

なぜ性は存在するのか? なぜヒトは雌雄同体がないのか? 性転換する生物の目的とは? 命を次世代に継いでいくため、驚くほど多様化させてきた生き物たちの「性」の進化史を辿り、...

もっと見る

性の進化史 いまヒトの染色体で何が起きているのか (新潮選書)

1,404(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ性は存在するのか? なぜヒトは雌雄同体がないのか? 性転換する生物の目的とは? 命を次世代に継いでいくため、驚くほど多様化させてきた生き物たちの「性」の進化史を辿り、併せて生殖補助医療と人類の未来を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

男性はいつか、この地球上から消えてしまうのだろうか? 地球に暮らす175万種類近くの生物には、温度などの環境によって雌雄の比率を変える生物もいれば、性のない生き物すらいる。そもそも、なぜ性は存在するのか? なぜヒトには雌雄同体がないのか? 性転換する生物の目的とは? 命を次世代に継いでいくため、驚くほど多様化させてきた生き物たちの「性」の通史。【商品解説】

著者紹介

松田 洋一

略歴
〈松田洋一〉1955年三重県生まれ。名古屋大学大学院農学研究科修了(農学博士)。同大学大学院生命農学研究科教授。魚類から哺乳類まで広く脊椎動物を対象として、ゲノム・染色体の進化研究に従事。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生きものの多様なありかた、そしてヒトの未来を考える。

2018/07/13 08:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

雄という、種を存続させるために重要な性を決める遺伝子を持つY染色体であるが、ヒトのY染色体は大変小さくて遺伝子もとても少ない。数百万年後には消えてしまう方向にあるという研究報告があるそうだ。なくなってしまったらどうなるのか。

一般の人にもわかりやすくするために、かなりの部分が「性とはなにか」「性決定の方式」「性染色体と遺伝」などの基礎的な説明になっている。「Y染色体はなくなる運命」という結論に至った研究の内容や実際のデータなどはあまり出てこない。少し専門的に深く知りたいと思うと若干期待から外れるようだ。

他の生きものには、Yがなくなったと同じような性染色体の組合せで存在するものもある。実際のいきものの増え方は大変多様であることがたくさんの例で紹介される。ヒトの選んだ方向では、今後「Yがなくなる」としても選べない道も当然ある。

「Yの未来」をきっかけに、生きものの在り方の多様性、ヒトの未来を考えることが促される一冊だった。

ヒトの未来ということでは「生殖医療」などの話もでてくる。不妊治療は個人の未来を明るくするものではあろうが「弱い生殖細胞」を生き残らせてしまうことは種としての未来にはどうか、ということにも言及され、考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新潮選書 ランキング

新潮選書のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む