サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生き方の演習 若者たちへ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/10/01
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/92p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00548-5
  • 国内送料無料

紙の本

生き方の演習 若者たちへ

著者 塩野 七生 (著)

本当に大切なことは何か? 国や年齢を越えて理解し合うには? 世界のどこでも生きていける人間とは? 人生という大海へ第1歩をふみだす若者たちに、ローマ史家・塩野七生が語る2...

もっと見る

生き方の演習 若者たちへ

1,188(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本当に大切なことは何か? 国や年齢を越えて理解し合うには? 世界のどこでも生きていける人間とは? 人生という大海へ第1歩をふみだす若者たちに、ローマ史家・塩野七生が語る21世紀型の自分磨きのレッスン。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

若者たちを信じて

2010/12/09 08:13

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本の「はじめに」で著者の塩野七生さんはこんな言葉から始めています。「十二年も昔に話したことを、今また本にしたいという申し出を受け、読み返してみて愕然としています」と。
 そこにあるとおり、この本には、塩野さんが1998年に行った講演記録である「これから人生を歩むあなたへ」と、1985年に書いた「オール若者に告ぐ」、そしてこれは最近ですが2010年に書いた「母と読書と好奇心」という、3本の作品が収められています。
 では、何故塩野さんが「十二年も昔に話したこと」に「愕然」となったのでしょう。
 それはその話が「今でも通用するということがわかって」ということらしい。
 1998年の講演の際の聴衆は「高校生から大学初年頃の若者たち」だったそうですから、彼らはすでに三十歳前後になっています。塩野さんは「その間、日本はずっと一箇所を迷走していたのだから」、彼らもいまだ悩んでいるかもしれないと考えます。
 それがこの本の出版のきっかけだそうです。

 「日本はずっと一箇所を迷走していた」という塩野さんの思いに賛同する人は多いと思います。それが政治の迷走であれ、経済の低迷であれ、おそらく多くの人が塩野さんと同じように、新しい世界観を組み立てられないこの国に失望しています。
 十二年前塩野さんはどんな話を若者たちにしたのでしょう。一言でいえば、「グローバル化」に備えた生き方についてでした。
 最近でこそ英語を公用語にする動きがいくつか目立ってきたものの、まだまだ思考は「グローバル化」についていけていないのではないでしょうか。
 この本がこうして世に出ることの大きな意味はそこにあります。

 この本には「若者たちへ」という副題がついています。
 いつの時代であっても、国のありようを変えていくのは若者たちだと思います。高齢化社会にはいったこの国であっても、いつまでも老人たちが政治や経済の先頭に立つべきではないでしょう。塩野さんがいくら声高に話しても、そういった社会の構造を変えないかぎり、難しいかもしれません。 本当に「生き方の演習」が必要なのは、若者ではなく、年老いた者ではないでしょうか。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生には可能性がある

2017/09/11 08:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若い頃から多くの山の手育ちの女性とは違うものの見方考え方をしてきた著者。世界に出るも、競争をせず地元に残るも本人の希望や資質次第と説いている。どうやって決めるかは、自分の頭を使う、そんな辛口話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/30 06:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/08 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/06 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/06 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/05 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/22 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/15 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/02 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/15 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/01 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/26 07:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む