サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

過ぎ去りし王国の城(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/15
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/379p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-106434-4
文庫

紙の本

過ぎ去りし王国の城 (角川文庫)

著者 宮部みゆき (著)

ヨーロッパの古城のデッサンを拾った中3の真は、絵の中にアバターを描きこむと、その世界に入れることを知る。真はハブられ女子の珠美と冒険するうち、塔の中に少女が閉じこめられて...

もっと見る

過ぎ去りし王国の城 (角川文庫)

734(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヨーロッパの古城のデッサンを拾った中3の真は、絵の中にアバターを描きこむと、その世界に入れることを知る。真はハブられ女子の珠美と冒険するうち、塔の中に少女が閉じこめられていることを発見し…。【「TRC MARC」の商品解説】

早々に進学先も決まった中学三年の二月、ひょんなことから中世ヨーロッパの古城のデッサンを拾った尾垣真。やがて絵の中にアバター(分身)を描きこむことで、自分もその世界に入りこめることを突き止める。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

過ぎ去りし王国の城

2018/07/05 20:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

平凡な子供が大人になる過程を異界を通して描いている作品に思えました。なんのとりえもない子供が実はすごい力を持っていて世界を救い伊音ちゃんを異界から救い出してハッピーエンドの作品が青春の一ページをみせてもらった気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

裏切らない作家

2018/08/19 14:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

名画の持つオカルト的魔力に着想した冒険ファンタジー。
 幼児虐待やいじめ問題といった社会性を孕みながら、サスペンス的要素もあり、中学生のほろ苦い青春物語にも仕上がっています。解説にある通り、「裏切らない作家」だと再認識するとともに、荒唐無稽な物語にも関わらず、現実に起きているかのように錯覚させる宮部先生の筆力に、あらためて感嘆しました。
 ところで、絵の世界に入っていく3人の人生が、この事件を通して、その後いかに転回していくかも大きなテーマです。私だったら「変えないことを選ぶ」かな・・・。どうかな・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中に入れる絵をめぐる物語

2018/11/11 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は中学3年の真という男の子と城田という女の子。ふとしたきっかけで、中に入ることができる絵を手に入れた真。そこには城に囚われた女の子が!ゲーム好きの宮部さんなので、てっきり絵の中に入って大冒険、かと思ったのですが、そこは予想が外れました。城田が自分をしっかり持っており共感が持てます。結末もスッキリ。読み終えて、やっぱりうまいなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

以前考えたこと・・・

2018/09/09 23:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やす - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔、そう、高校生の頃に考えたこと。
絵に中に入り込むことはできないのか・・・あの時ああしてたら、どうなったのか・・・
そんなことを、一つの小説としてまとめあげてきれた、その成果物がこの本だと感じた。
パラレルワールドはある、いや、ないはずはない!
そう思い、そのうえで、今をどう生きていくのか、しっかりと考えていきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界を変えられるとしたら

2018/09/24 12:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品はいかにも宮部さんらしいファンタジーだと思いました。
言わずもがなですが文章は抜群に上手いのでサクサク読めてしまい、なんだか勿体無い感じがしてしまう。
取り上げられているテーマは「いじめ」「育児放棄」「孤独死」等々、現代的ですがそれを物語の中に本当に巧みに取り込んで読ませてくれます。
そして最後にはやっぱり生きていくのに欠かせない勇気を与えてくれる気がします。
加齢せいか涙腺が緩くなったような気もする私ですが、物語の終盤で泣いてしまいそうになりました。

ある時点で自分の世界を変えられる可能性があるとして、
私なら変えることを選ぶのか?それとも変えないことを選ぶのか?
しばらく間ちょくちょく考えてしまいそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古城

2018/10/08 07:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

古城を描かれたデッサンを拾った真。その中にアバターを書き込むことによって、絵の中に入れることを知った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/21 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/08 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/24 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/28 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/09 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/04 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/21 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/19 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/28 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る