サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 伝統芸能の通販
  5. 徳間書店の通販
  6. なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか?の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/08/29
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-864633-2

紙の本

なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか?

著者 柳家 さん喬 (著),柳家 喬太郎 (著)

本寸法の古典落語をきっちりと聴かせる柳家さん喬の一番弟子が、なぜまったく芸風の違う、バリバリの新作派・柳家喬太郎なのか? ふたりへのインタビューをまとめた、人気師弟初の対...

もっと見る

なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか?

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本寸法の古典落語をきっちりと聴かせる柳家さん喬の一番弟子が、なぜまったく芸風の違う、バリバリの新作派・柳家喬太郎なのか? ふたりへのインタビューをまとめた、人気師弟初の対談本。【「TRC MARC」の商品解説】

師・小さんの芸を受け継ぐ本寸法の古典落語が持ち味の柳家さん喬。その一番弟子、爆笑新作落語を得意とする喬太郎。二人は、あまりに芸風の違う師弟として落語ファンの中では有名だ。なぜそのような二人が師弟関係を結んだのか。どのように、芸は受け継がれているのか。落語における親子のあり方とは、どのようなものなのか。さん喬、喬太郎が初めてじっくり語り合う! 「とうとう“この件”が一冊の本になってしまった…」(柳家喬太郎)【商品解説】

落語界最大の謎が、いま明かされる! 超人気落語家二人の、初師弟対談!【本の内容】

著者紹介

柳家 さん喬

略歴
〈柳家さん喬〉1948年東京都生まれ。五代目柳家小さんに弟子入りし、81年真打昇進。芸術選奨文部科学大臣賞など受賞。
〈柳家喬太郎〉1963年東京都生まれ。柳家さん喬に弟子入りし、2000年真打ち昇進。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

初めて喬太郎の落語を聴いた時は笑い転げた

2019/03/21 16:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

落語ブームが続いている。
 テレビやラジオだけでなく、雑誌の特集に組まれたり高座のCDが発売されたりしている。
 売れっ子落語家といえばたちまち両手では足らなくなるのではないか。
 この本で聞き書きの対象となっている二人、柳家さん喬と柳家喬太郎もそんな売れっ子落語家である。売れっ子だから、こうして本にもなるのだが。
 さん喬はかつて人間国宝にもなった五代目柳家小さんの23番目の弟子で、喬太郎はさん喬の弟子。つまりは小さんの孫弟子にあたる。
 そんな二人がこういう本になるというのは、さん喬が古典落語で喬太郎が新作落語で評価されているからかもしれない。
 それと年齢的な近さも、さん喬は1948年生まれで喬太郎は1963年生まれ、関係しているかもしれない。
 親子というより年の離れた兄弟のようにみえる。

 この本ではさん喬の小さん愛、つまりは師匠愛、が随所に光る。
 何かを具体的に教わったというよりも、師匠の一言ひとことが今でもさん喬の懐に残っているように感じた。
 だからといって、さん喬が小さんと同じことを喬太郎にしているかといえば、それもちがう。
 それは弟子としての喬太郎も同じだろう。
 親から子へ、伝え方は違っても、こうして脈々とつながっていくのが、落語界の強みといえる。

 落語界の話がほとんどだが、老齢を迎えたさん喬の心境はそこいら辺の「定年本」よりうんと沁みるものがある。
 いい人情噺といっては失礼かもしれないが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/08/05 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/05 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/17 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/03 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/24 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/12 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。