サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 哲学・思想
  5. 法政大学出版局
  6. 数学の現象学 数学的直観を扱うために生まれたフッサール現象学 新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

数学の現象学 数学的直観を扱うために生まれたフッサール現象学 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/05/18
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:22cm/246,8p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-588-12150-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

数学の現象学 数学的直観を扱うために生まれたフッサール現象学 新装版新刊

著者 鈴木 俊洋 (著)

一人の哲学者フッサールが数学論から現象学を作った過程を数学史の中に位置づけながら語り、その結果できた現象学の枠組みで数学論の問題がどのように見えるかを説明。フッサール数学...

もっと見る

数学の現象学 数学的直観を扱うために生まれたフッサール現象学 新装版

4,536(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一人の哲学者フッサールが数学論から現象学を作った過程を数学史の中に位置づけながら語り、その結果できた現象学の枠組みで数学論の問題がどのように見えるかを説明。フッサール数学論の全体像を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

数学者フッサールを哲学者に変えた数学論上の問題を現象学発生の問題背景として取り出し、フッサールが最終的に現象学という新しい哲学を創始するに至る過程を辿り、その現象学的方法論によりいかなる数学論が得られるかを提示する。未公刊の草稿やノートなども精査し、数学的対象の直観的把握を巡る問題から、後期フッサールを含めた「フッサール数学論」を解明し、現象学・数学論に新たな展望を示す。【商品解説】

目次

  • 第一部 ヴァイアーシュトラス・プログラムからの課題−フッサール現象学創設前史
    • 序章 「学問からの真正な要求」による哲学への転向
    • 第一章 解析学の算術化の運動(ヴァイアーシュトラス・プログラム)
    • 第二章 なぜ「抽象」でなければならないのか−カントル、フレーゲ、フッサール
    • 第三章 十九世紀数学における「存在論的革命」と現実的無限
  • 第二部 フッサールの現象学創設の過程
    • 序章 ヴァイアーシュトラスからの課題に答えるための道
    • 第四章 出発点としての『算術の哲学』
    • 第五章 『算術の哲学』直後の展開
    • 第六章 抽象とは何か−『論理学研究』における現象学的枠組みの発生

著者紹介

鈴木 俊洋

略歴
〈鈴木俊洋〉1968年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程修了。博士(学術)。崇城大学総合教育センター教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む