サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真夜中乙女戦争
真夜中乙女戦争 真夜中乙女戦争 真夜中乙女戦争真夜中乙女戦争

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/28
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-896241-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

真夜中乙女戦争

著者 F (著)

東京で一人暮らしを始めた大学1年生の「私」は、図書館横の喫煙所で見知らぬ男と出会う。それは、これから起こること−悪戯、銅像破壊工作、大学破壊工作、暴動、そして東京破壊計画...

もっと見る

真夜中乙女戦争

1,404 (税込)

真夜中乙女戦争

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.9MB 無制限
Android EPUB 12.9MB 無制限
Win EPUB 12.9MB 無制限
Mac EPUB 12.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京で一人暮らしを始めた大学1年生の「私」は、図書館横の喫煙所で見知らぬ男と出会う。それは、これから起こること−悪戯、銅像破壊工作、大学破壊工作、暴動、そして東京破壊計画−つまり、最悪の始まりだった。【「TRC MARC」の商品解説】

愛って、なんだ。永遠って、なんだ。眠れない夜は、どうすればいい。
この退屈は、虚しさは、どうすればいい。
どうせ他人になるのに、どうして私たちはどうでもいい話をしたがるのだろう。

どうせ死んでしまうのに、どうして今こうして生きているんだろう。
死ぬまでに本当にやりたかったことって、一体なんだったのだろう。

この春、青春小説史上、恋愛小説史上、犯罪小説史上、
最高に過激で孤独、そして正しく、美しい夜更かしが始まる。

著書累計、20万部突破。この一冊が、すべての絶望を紙屑にする。

         ***

友達はいない。恩師もいない。恋人もできない。好きな人の好きな人は私ではない。夢も趣味も特技もない。InstagramもTwitterもYouTubeもくだらない。なにもかもが眩しく、虚しく、どうでもいい。
東京で一人暮らしを始めた大学一年生の「私」は、夜になっても眠ることができない。やりたいこともなりたいものもなく、無気力な日々の中、「私」はサークルに入り冷酷で美しく聡明な「先輩」と出会う。しかし彼女一人を除いて誰とも馴染めず、すぐそのサークルとも疎遠となる。そんな「私」を唯一潤わしたのは、毎晩のように東京タワーの近くまで歩いて行き、毎晩のようにタワーだけを眺め続ける、そんな無意味な行為だけだった。 講義にもサークルにも行かず、散歩をするか、あるいは図書館で勉強を続けるだけの生活に半ば絶望していた夜、図書館横の喫煙所に佇んでいると見知らぬ男が「火、ある?」と声を掛けてきた。
この男との出会いが、これから起こることのすべて―悪戯、銅像破壊工作、大学破壊工作、暴動、そして東京破壊計画―つまり、最悪の始まりだった。一方、「私」と「先輩」の距離はだんだんと接近していく……。
【商品解説】

目次

  • 第一章 星にも屑にもなれないと知った夜に
  • 第二章 携帯を握り締めても思い出はできない
  • 第三章 誰でもいいから傷つけたかった、傷つけられたかった
  • 第四章 君も一人かと夜は言った
  • 第五章 愛は脅迫状
  • 第六章 寂しいって言ったら死刑になる星で
  • 第七章 悪い恋
  • 第八章 美しくない街の、美しくない夜の、美しい私たち
  • 第九章 ふたりきりにはなれないふたり
  • 第十章 おまえに好かれるために生きてる訳がねえだろ

著者紹介

略歴
〈F〉神戸出身。著書に「いつか別れる。でもそれは今日ではない」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出会えてよかった

2018/05/19 20:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひとりの青年が幾夜の末に自分の伏線を回収し、生きてきたことと和解する物語、というふうに私は読んだ。
主人公のように学生の頃、ひたすら夜の東京を歩き回ったことを思い出す。主人公と違って私は女だった。この比較的安全な東京でさえ、女性の夜のひとり歩きは危なくないとは限らない。大学一年のある夜、ついにマズい目に遭った。夜に踏み込むと傷つくことを初めて知った。アホだ。もちろん、自業自得だと言われる。正論だ。しかし、正しい女とか正しい男が決められていて、外れた奴はなかったことにされる、この正しい社会に従ってたまるか、とそのとき思った。傷ついて上等だ、殺されてもいい、これからも夜を歩き回ろう、と頑なに決めた。何年も過ぎ、女らしくない女になって何年も過ぎ、この本に出会った。正しい学生に、社会人に、男に、女になれずにひとり徘徊する、たくさんの登場人物が息づいていた。私の失った夜に出会ったように思った。それは、いろいろ失わなければ出会えなかった夜でもあった。この本は私に、私の取り散らかった昔の伏線を回収させてくれた。これでよかった、生きてきてよかった、と初めて思えた。
この本の言葉には、何年も経つまでわからないこともあると思う。でもきっと何年も後まで覚えていられる、強い言葉の綴られた本だ。人にはいつか自分の伏線を回収できるときがくるはずだ。もしかしたらそれだけが、人に与えられうる生きていることへの肯定なのかもしれない。主人公が最後に聞いた、遠い電話の向こうの他人の声のように。たとえ錯覚でも、本に、本という圧倒的な他人に、これ以上の愛が可能か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/21 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/04 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/09 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/13 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/07 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/10 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/25 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/28 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/19 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/27 05:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/16 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/28 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。