サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

古代高麗郡の建郡と東アジア
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/05/25
  • 出版社: 高志書院
  • サイズ:22cm/257p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-86215-179-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

古代高麗郡の建郡と東アジア (古代渡来文化研究)

著者 日本高麗浪漫学会 (監修),高橋 一夫 (編),須田 勉 (編)

高麗郡の建郡の歴史的意義の解明と、より広汎な古代渡来文化研究を目的として誕生した高麗浪漫学会が、2013年から2016年までに実施した、歴史シンポジウムや各講演会・市民大...

もっと見る

古代高麗郡の建郡と東アジア (古代渡来文化研究)

6,480(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高麗郡の建郡の歴史的意義の解明と、より広汎な古代渡来文化研究を目的として誕生した高麗浪漫学会が、2013年から2016年までに実施した、歴史シンポジウムや各講演会・市民大学講座等で講演した成果をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

「駿河・甲斐・相模・上総・下総・常陸・下野の七国の高麗人一七九九人を以て武蔵国に遷し、高麗郡を置く」(『続日本紀』)。今から1300年ほど前に起きた高麗人による建郡には、どのような歴史的な意義あるのだろうか。いったいこのとき、何があったのか? 東アジア全体を見通しながら、現地の発掘調査に拠りながら、なぞの解明にたち向かう。【商品解説】

目次

  • 発刊にあたって………………………………………大野松茂(高麗1300理事長)
  • 序………………………………………………………高橋一夫(日本高麗浪漫学会理事)
  •  第1部 高麗氏と建郡
  • 高麗福信と武蔵国……………………………………中村順昭(日本大学文理学部教授)
  • 肖奈行文と高麗福信…………………………………加藤謙吉(放送大学兼任講師)
  • 肖奈氏における高麗朝臣賜姓の歴史的背景………赤木隆幸(日本高麗浪漫学会理事)
  • 相模国の若光伝承……………………………………荒井秀規(藤沢市役所郷土歴史課 学芸員)
  • 武蔵国高麗郡と物部直氏……………………………鈴木正信(文部科学省教科書調査官)
  • 唐・新羅戦争前後の新羅と倭国……………………中野高行(東京農業大学第三高等学校教諭)

収録作品一覧

高麗福信と武蔵国 中村順昭 著 9−25
肖奈行文と高麗福信 加藤謙吉 著 27−44
肖奈氏における高麗朝臣賜姓の歴史的背景 赤木隆幸 著 45−66

著者紹介

日本高麗浪漫学会

略歴
高橋一夫(たかはし かずお)
1964年生れ、埼玉考古学会会長。
[主な著書論文]
『手焙形土器の研究』、『古代東国の考古学的研究』、『鉄剣銘115文字の謎に迫るー埼玉古墳群―』

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む