サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

市場のことば、本の声
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/12
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7949-7024-4

紙の本

市場のことば、本の声

著者 宇田智子 (著)

那覇に移住して9年。店先から見えてきた、そして店先で考えてきた、本のこと、人のこと、沖縄のこと…。古本屋の店主にして気鋭のエッセイストが綴る珠玉のエッセイ集。『BOOK5...

もっと見る

市場のことば、本の声

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

那覇に移住して9年。店先から見えてきた、そして店先で考えてきた、本のこと、人のこと、沖縄のこと…。古本屋の店主にして気鋭のエッセイストが綴る珠玉のエッセイ集。『BOOK5』『本』ほか掲載を加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

ここは沖縄・那覇の市場通り。
人と本が出会う小さな古本屋。
今日も私はかわらず店を開ける。

店に立ち、市場のことばに耳を傾ければ、今日も人と本が豊かに、楽しげに行き交う──。沖縄の本を地元で売ることにあこがれて、那覇に移住して9年。店先から見えてきた、そして店先で考えてきた、本のこと、人のこと、沖縄のこと……。古本屋の店主にして気鋭のエッセイストが新たな視点で綴る珠玉のエッセイ集。【商品解説】

目次

  • ⅰ 市場の時間
  •  「さよなら」 椅子 お茶 お盆 休みの日 730 しーぶん 辻占 二千円札 猫 水まわり 傘 時計 古着 ミルク
  • ⅱ 地元の町、遠くの町
  •  小さな冊子 四足のくつ下 地元の人 かつての隣町 春よ来い ものを片づけて手入れをするのは オキナワで考え中 黒い瞳 髪を切る ◯と☓ “Can you speak English?” 人生の最後に読みたい本
  • ⅲ 月日のかけら
  •  お風呂で 店番の時間 バス停にて 古本屋のような町 万年筆のたてる音 その土地の本 知らない店 夏休み 灯台守の話 言葉のはぎれ 瓶を放る 古本たちの読書会 腹心の友 ミトン ケースのなかの時間 花見 小休止 ドラムセット 市場の夜 昨日の続き ダンボールガール 帰ってきた人たち そばを嚙む 電気やガスのように 日々を区切る ほんやくコンニャク 初雪の日 旅人のように パラレルワールド 日食の朝 その場限り 筆圧 レンズ 塗りこめる 待合室 古本と風呂敷 夢の鳥 王国の面影 新年を祝う 青色の灯火 台北の市場にて 左手の言語 ミシン 命のお祝い 電気どろぼう かわいいもの サンライズ メッセージ
  • あとがき

著者紹介

宇田智子

略歴
〈宇田智子〉1980年神奈川県生まれ。ジュンク堂書店勤務を経て、那覇市に「市場の古本屋ウララ」を開店。「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞。著書に「本屋になりたい」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

市場のことばにふれる、本の声をきく

2018/08/24 06:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

心を激しく揺さぶるような恋愛小説でもなく、ハラハラドキドキのミステリーでもない。涙があふれる人情話でもないし、身の毛もよだつミステリーでもない。
 それでいてエッセイが読みたくなるのは、沖縄那覇の国際通りのそば、第一牧志公設市場の向かいにある「小さな古本屋」ウララを営むこの本の著者宇田智子さんの「言葉のはぎれ」という小さなエッセイの中に、答えがあった。
 「さびしいときもお金のないときも、本を開けばなにかを受け取れる」。

 宇田さんは沖縄の人ではない。
 神奈川の出身で、大手書店ジュンク堂に入社。池袋の本店で働いていた。その後、那覇店の開店に伴い、異動。まさにそれをきっかけにして、沖縄に魅了されていく。
 ジュンク堂を退社して、そのまま古本屋店主として沖縄で生活をすることになる。
 ちくまプリマー新書で『本屋になりたい - この島の本を売る』という、自身の思いを綴った作品が出ている。
 今回のこのエッセイ集はそういう沖縄での生活、特に彼女の古本屋がある一角、市場での人との触れあい、そこから見えること、感じた事柄が、一つひとつは短い文章であるが、やわらかなタッチで綴られている。

 沖縄では「市場」のことを「まちぐゎー」と呼ぶらしい。「ぐゎー」は「小さい」を表わして、親しみをこめてつけられたようだ。
 もしかしたら、「言葉のはぎれ」に書かれた「さびしいときもお金のないときも」に続く言葉は「市場に行けばなにかを受け取れる」と同意語だったかもしれない。
 宇田さんにとって、市場は本なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/19 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/16 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る