サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

明治前期の大谷派教団
明治前期の大谷派教団 明治前期の大谷派教団
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/15
  • 出版社: 法藏館
  • サイズ:22cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8318-5554-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

明治前期の大谷派教団 (龍谷叢書)

著者 中西 直樹 (編著)

財政難への対処、家臣団解体、アジア布教への着手と頓挫、白川党以前の改革運動−。明治初頭の真宗大谷派の歴史を知る上で重要と考えられる史料を翻刻し、解説を付す。【「TRC M...

もっと見る

明治前期の大谷派教団 (龍谷叢書)

3,024(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

財政難への対処、家臣団解体、アジア布教への着手と頓挫、白川党以前の改革運動−。明治初頭の真宗大谷派の歴史を知る上で重要と考えられる史料を翻刻し、解説を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

旧幕府と密接な関係を有すいわば佐幕派であった大谷派は明治維新後という一大転換期をどのように乗り越えようとし、またそれがどのような問題をもつものであったのか――。
 近年活況を呈する近代仏教史の研究において、その中心を占めてきた近代大谷派の研究を、明治維新から150年を経て、さらに進展させるためのファーストステップとなる1冊。

【本書の特徴】
 清沢満之の登場と彼も参加した白川党の教団改革運動など、明治中期以降の動向に注目が集まる真宗大谷派研究の状況に対し、戦前に新聞・雑誌等に掲載されたもののなかから、明治初頭の真宗大谷派の歴史を知る上で重要と考えられる史料を翻刻とその解説を収録。石川舜台宗政期の状況や白川党以前の教団改革への動きなど、“満之以前”の大谷派教団の動向を知るための足がかりとなる視座を提供する。

【主な内容】
第一部 明治期大谷派の宗政史概説
 解 説
  (1)宗史編修所と水谷寿
  (2)明治仏教史研究の高まり
  (3)両派の宗史編纂事業 ほか
 史 料
  「明治維新以後に於ける大谷派宗政の変遷」水谷寿(一)~(完)
  (『真宗』372~390号〈1932年10月~1934年4月〉)

第二部 石川舜台とアジア布教
 解 説
  (1)石川舜台に関する伝記類
  (2)石川舜台の経歴
  (3)第一次宗政期の事蹟 ほか
 史 料
  (1)光瑩伯の思出 石川舜台翁談
     (1923年2月10日付『中外日報』)
  (2)光瑩伯の思出(承前)(洋行の時) 石川舜台翁談
     (1923年2月11日付『中外日報』)
  (3)光瑩伯の思出(承前)(洋行の時)(二) 石川舜台翁談
     (1923年2月13日付『中外日報』) ほか

第三部 教団改革運動への胎動
 解 説
  (1)改革趣意書の発表
  (2)尾州得明会と改革運動の拡大
  (3)改革運動のその後
 史 料
  (1)大谷派本願寺事務改革趣意書
     (『愛国新報』第86号附録広告)
  (2)真宗大谷派の改革党の旨趣
     (1891年2月20日付『明教新誌』)
  (3)『欧米之仏教』第五編〈抄録〉 ほか【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第一部 明治期大谷派の宗政史概説
  •  解 説
  •   (1)宗史編修所と水谷寿
  •   (2)明治仏教史研究の高まり
  •   (3)両派の宗史編纂事業
  •   (4)借財償却問題
  •   (5)家臣団解体の過程
  •   (6)公選議会開設をめぐる動向

著者紹介

中西 直樹

略歴
1961年生まれ 龍谷大学文学部歴史学科(仏教史学専攻)教授 主な業績 『植民地台湾と日本仏教』(三人社、2016年) 『令知会と明治仏教』(共編、不二出版、2017年) 『近代西本願寺を支えた在家信者―評伝 松田甚左衛門―』(法藏館、2017年) 『仏教英書伝道のあけぼの』(共編、法藏館、2018年)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

仏教 ランキング

仏教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む