サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経済の通販
  5. 慶應義塾大学出版会の通販
  6. アジア都市の成長戦略 「国の経済発展」の概念を変えるダイナミズムの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アジア都市の成長戦略 「国の経済発展」の概念を変えるダイナミズム
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/13
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-2524-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

アジア都市の成長戦略 「国の経済発展」の概念を変えるダイナミズム新刊

著者 後藤 康浩 (著)

都市発展の基本である「農村から都市への人口流入」「段階的工業化」「経済特区効果」に加え、フロッグリープ成長の実現などを考察する。“都市地経学”の視点からアジアを捉え、アジ...

もっと見る

アジア都市の成長戦略 「国の経済発展」の概念を変えるダイナミズム

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

都市発展の基本である「農村から都市への人口流入」「段階的工業化」「経済特区効果」に加え、フロッグリープ成長の実現などを考察する。“都市地経学”の視点からアジアを捉え、アジアのこれからを読むユニークな都市経済論。【「TRC MARC」の商品解説】

「都市」の競争が「国の発展」を牽引する

いまや世界の大都市圏トップ10のうち8つまでをアジアの大都市が占めるようになった。本書は都市発展の基本である「農村から都市への人口流入」「段階的工業化」「経済特区(SEZ)効果」に加え、後発国の不利を逆に後発者利得に転化するフロッグリープ成長の現実や、ITスタートアップ企業がグローバル企業に飛躍する深圳の都市エコシステムなどを考察する。“都市地経学(ジオ・アーバノミクス)”の視点からアジアを捉え、アジアのこれからを読むユニークな都市経済論。

 ・ 経済成長・発展は、これまで一国単位の成果として把握・認識されて
   きたが、本書は発展のコア(中心)がもはや国ではなく都市レベルと
   なってきているという事実を踏まえ、それを新しいメルクマール(指
   標)として提示する、画期的な一冊。アジアをこの「都市」というア
   ングルから捉え分析することで、アジア論に新しい一石を投じる。

・ 今や世界の大都市圏のトップ10のうち8つまでをアジア地域が占めるよ
  うになった。
  21世紀は「アジアの世紀」といわれるが、アジアはどれほど強く成長し
  ているのだろうか。
  バーナンキ・ショックのあと、しばらく成長が足踏みしていたアジア地
  域だが、昨今では成長環境が厳しくなっているヨーロッパ、南米、アフ
  リカと比較して成長力が回復してきており、日本も再び対アジア・ビジ
  ネスに乗り出そうと動き始めている。 
  いま、世界の中で最も前途が明るいのは、やはりアジアである。

・ 本書はアジア各国の首都のみならず、主要都市が軒並み拡張を続け、
  「国単位」のメルクマールに代わる「都市(地域)単位」の成長・発展
  モデルがアジアで育成されたことを解説する興味深い一冊。
 
・ 本書では、都市発展の基本パターンである
  ◆農村から都市への人口流入、
  ◆段階的工業化、
  ◆郊外へのスプロール(地域拡張)化――などに加え、
  ◆後発国だった不利から逆に「後発者利得」に便乗して発展段階をス
   キップし、一気にステージを上げる“フロッグリープ(蛙跳び)”成長の
   実現、
  ◆先進国企業の対アジア投資が「世界の工場」化の促進のみならず
    内需型工業とサービス産業の成長を促したメカニズム、
  ◆デジタル時代の新しいビジネス拠点として、ITベンチャーが勃興
   する「メガシティ型」経済発展モデルを提示する、など、
  著者独自の視点をふんだんに踏まえる。

・ 上記のような動きは各都市が類似した行動をと…【商品解説】

いまや「世界の都市圏ランキング」の上位はアジアの諸都市が占めるようになり、世界で最も前途有望なエリアと見られる。本書は、このアジアを「国」ではなく「都市」というアングルから分析し、ヨーロッパとは異なる都市の成長メカニズムや、ITベンチャーが勃興する「メガシティ型」経済発展モデルの提示など、「アジア通」として有名な著者ならではの視点をふんだんに踏まえて解説。アジアでの事業展開に関係するビジネスパーソン必読の1冊。【本の内容】

目次

  • 第1章 アジアの大都市の現況
  •  1 アジアのメガシティの形成
  •  2 アジアの都市力
  •  3 都市と農村――人口移動のモメンタム
  • 第2章 人口移動と大都市圏の形成
  •  1 人口移動と経済発展
  •  2 タイ、ベトナムの人口移動
  •  3 中国の人口移動
  •  4 国境を越えた人口移動

著者紹介

後藤 康浩

略歴
〈後藤康浩〉1958年福岡県生まれ。豪ボンド大学経営大学院修了(MBA取得)。日本経済新聞社編集局アジア部長等を経て亜細亜大学都市創造学部教授。著書に「強い工場」「勝つ工場」「アジア力」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アジアの都市の経済成長について分析した書です!

2018/07/13 07:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、アジアの都市の経済成長について考察した書です。現在、世界の大都市の上位10都市のうち、8都市までがアジアという時代になってきています。そこで、そうした急成長を続けるアジアの大都市を、従来からの都市への人口流入、段階的な工業化、経済特区の設置と効果といった視点だけでなく、フロッグリープ成長といった視点や都市エコシステムの視点などを取り入れて分析・考察していきます。非常に画期的な良書と言えると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む