サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 日本工業出版の通販
  6. 安心できる安全のための本 安心を得るには、今ある安全を理解することから始まる。 ものづくり系リスクマネジメント歴15年の会社が伝えたいことの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

安心できる安全のための本 安心を得るには、今ある安全を理解することから始まる。 ものづくり系リスクマネジメント歴15年の会社が伝えたいこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/25
  • 出版社: 日本工業出版
  • サイズ:21cm/167p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8190-3012-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

安心できる安全のための本 安心を得るには、今ある安全を理解することから始まる。 ものづくり系リスクマネジメント歴15年の会社が伝えたいこと

著者 古谷 隆志 (著),中西 淳 (著),山本 理央 (著)

安心できる安全とは如何にあるべきか、どのようにすれば専門的な安全技術と安心をつなげられるのか。工業分野から食、医療、自然災害、社会問題まで、幅広く危険要因を取り上げ、安心...

もっと見る

安心できる安全のための本 安心を得るには、今ある安全を理解することから始まる。 ものづくり系リスクマネジメント歴15年の会社が伝えたいこと

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

安心できる安全とは如何にあるべきか、どのようにすれば専門的な安全技術と安心をつなげられるのか。工業分野から食、医療、自然災害、社会問題まで、幅広く危険要因を取り上げ、安心のための安全対策などについて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

工業分野での安全に関するコンサルティングをしている技術者が、研究、開発されている安全技術をもとに、〝安心できる安全〟とは如何にあるべきか、どのようにすれば専門的な安全技術と安心をつなげられるのかについて執筆しました。安全コンサルティングは安全技術をベースにして安心を提供することであるとの観点から、日頃から安心できる安全とはどのようなものかについて考えています。
対象範囲を工業分野に限定せず、身近な交通安全から食や医療の安全、ひいては、社会や環境問題にまで、広く取り上げました。
第一章では、安全と安心を損なう危険要因について説明します。危険要因の範囲を、機械や工場などの工業分野から、食や医療、自然災害から社会問題まで広く取り上げることで、分野に囚われない危険要因の共通点を示します。第二章では、主に産業分野での危険要因と、危険状態に対する安全対策、そのための手法としてのリスクアセスメント(危険の程度を評価すること)などについて紹介します。安全対策の第三者検証の必要性と難しさについても取り上げます。第三章では、危険要因と危険状態の検知方法、および診断と予知について、最近のセンサ技術と合わせて紹介します。第四章では、安全対策を設定する上での前提条件の重要性と、安全対策の一つとしての危険要因との共存について取り上げます。最終章の第五章では、絶対安全や、許容リスクと想定外リスクに対する考え方を紹介する中で、安心できる安全対策は如何にあるべきかを提唱します。【商品解説】

目次

  • 1章 安全と安心
  • 1.l 日本は本当に安全な国か?
  • 日本は安心して暮らせる社会か/日本は災害が多く資源が少ない国/危険は避けるなどの消極的な対応で安心は得られるか
  • 1.2 そもそも「安心している状態」とは?
  • 安心を得るための基準とは主観的なものである/危険状態を知らないでいるのは安心できる状況か
  • 1.3 危険要因 - 私たちの心をおびやかすもの -
  • エネルギーとは何か/大きなエネルギーは危険要因/大きなエネルギーを制御するものも危険要因/変動するものは危険要因/侵入してくるものは危険要因
  • 1.4 危険な状態になってからでは遅い? ~「危険要因」と「危険状態」のちがい~
  • 危険状態になる可能性があるものは危険要因/危険要因を危険状態にする「引き金」の存在/危険状態は事故につながる一歩前
  • 1.5 見えないものがいちばんこわい?

著者紹介

古谷 隆志

略歴
〈古谷隆志〉株式会社イーエス技研代表取締役。
〈中西淳〉株式会社イーエス技研技術担当取締役。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む