サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学の通販
  4. 農学・農林水産業の通販
  5. 家の光協会の通販
  6. 「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/28
  • 出版社: 家の光協会
  • サイズ:19cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-259-54764-6
  • 国内送料無料

紙の本

「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論

著者 内田 樹 (著),藤山 浩 (著),宇根 豊 (著),平川 克美 (著)

「競争社会」「経済成長」「グローバル化」に限界が来た時代に、農業や農村の価値と将来について語る。月刊誌『地上』掲載のインタビューをもとに、大幅に加筆・修正して単行本化。巻...

もっと見る

「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論

1,512(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「競争社会」「経済成長」「グローバル化」に限界が来た時代に、農業や農村の価値と将来について語る。月刊誌『地上』掲載のインタビューをもとに、大幅に加筆・修正して単行本化。巻末に内田樹と養老孟司の特別対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

内田樹氏、藤山浩氏、宇根豊氏、平川克美氏が、
農業や農村の価値と将来を思い思いにつづった一冊。
資本主義経済が行き詰まりを見せるいまこそ、一読の価値あり!
巻末には、養老孟司氏と内田氏による特別対談も掲載。
【商品解説】

目次

  • ●「農業を株式会社化する」という無理:内田 樹
  •  農業は「弱い」もの/食料危機は起こり得る/多様な食文化というリスクヘッジ/多様性を求める人は常に少数派 ほか
  • ●年に1%ずつで田園回帰はできる:藤山 浩
  •  「市町村消滅論」への違和感/人口1%取り戻しビジョン/3世代をバランスよく増やす/所得も1%ずつ取り戻す ほか
  • ●農本主義が再発見されたワケ:宇根 豊
  •  百姓仕事の不思議さ/「百姓」という呼称/農本主義のイメージ/なぜ資本主義に合わないのか ほか
  • ●贈与のモラルは再び根づくか:平川克美

収録作品一覧

「農業を株式会社化する」という無理 内田樹 著 7−68
年に1%ずつで田園回帰はできる 藤山浩 著 69−109
農本主義が再発見されたワケ 宇根豊 著 111−157

著者紹介

内田 樹

略歴
〈内田樹〉1950年東京都生まれ。武道家。神戸女学院大学名誉教授等。著書に「日本辺境論」など。
〈藤山浩〉1959年島根県生まれ。持続可能な地域社会総合研究所所長。著書に「「循環型経済」をつくる」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

農業を生産性で語るな

2018/08/14 04:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほとんど積読 - この投稿者のレビュー一覧を見る

内田樹氏、藤山浩氏、宇根豊氏、平川克美氏が、農業や農村の価値と将来を思い思いにつづった一冊。
資本主義経済が行き詰まりを見せるいまこそ、一読の価値あり!
巻末には、養老孟司氏と内田氏による特別対談も掲載。
藤山氏の1%回帰については、新聞記事で読んでいた。1%でも大変な所は多いと思うが、田舎に回帰する動きはあるので、これまでの政策の延長にある中途半端なコンパクトシティは無駄であり、やめてしまえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/22 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

農学・農業 ランキング

農学・農業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む