サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 日本の小説・文学
  5. 信濃毎日新聞社
  6. 島崎藤村『破戒』のモデル大江磯吉とその時代

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

島崎藤村『破戒』のモデル大江磯吉とその時代
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/31
  • 出版社: 信濃毎日新聞社
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7840-7329-0
  • 国内送料無料

紙の本

島崎藤村『破戒』のモデル大江磯吉とその時代 (信毎選書)新刊

著者 東 栄蔵 (著)

島崎藤村の小説「破戒」の主人公のモデルといわれる大江磯吉。被差別民として生まれ、さまざまな受難と闘いながら教育者となった大江磯吉の生涯と時代とのかかわりを評伝的に描く。〔...

もっと見る

島崎藤村『破戒』のモデル大江磯吉とその時代 (信毎選書)

1,404(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

島崎藤村の小説「破戒」の主人公のモデルといわれる大江磯吉。被差別民として生まれ、さまざまな受難と闘いながら教育者となった大江磯吉の生涯と時代とのかかわりを評伝的に描く。〔「大江磯吉とその時代」(2000年刊)の改題新装版〕【「TRC MARC」の商品解説】

文豪島崎藤村の小説『破戒』の主人公には実在のモデルがいた―。小諸義塾の教師として信州小諸に住んだ若き藤村の心を「ひどく動か」し、『破戒』を書かせる決定的動機となった大江磯吉とは何者なのか。南信州で被差別民として生まれ、貧窮の生活を送り、さまざまな受難と闘いながら、教育者への道を切り開いた磯吉が、みずから培った「忍と力」の哲学とは…。
本書は、磯吉が長野県、大阪府、鳥取県、兵庫県をひたすらに駆け抜けた先駆的な34年余の生涯像を地道に探究した評伝。2001年発行の『藤村の「破戒」のモデル 大江磯吉とその時代』に補筆改訂した新装版。藤村が小諸に赴任してから120年が過ぎた今、日本近代の文学史、部落史、教育史における“大江磯吉の生涯と思想”の再評価を試みる意欲作。【商品解説】

目次

  • 1 藤村の小諸―大江磯吉の発見
  •  一 小諸義塾教師・島崎藤村
  •  二 『破戒』と大江磯吉
  • 2 長野県時代の大江磯吉
  •  一 家族と生い立ち
  •  二 長野県師範学校から高等師範学校へ
  •  三 長野県尋常師範学校教諭時代
  •  四 教員講習会における差別事件
  •  五 大江磯吉の二人の教え子
  • 3 大阪府尋常師範学校教諭時代

著者紹介

東 栄蔵

略歴
1924年10月長野市生まれ。早稲田大学専攻科修了。信濃毎日新聞社文化部記者、長野県高等学校長、長野女子短期大学教授、長野市民教養講座運営委員会代表兼講師、長野県国語国文学学会長、日本社会文学会理事、東日本部落解放研究所副理事長などを歴任。現在、島崎藤村研究会主宰、「信州文学館」設立発起人代表。
主な著書に『「破戒」の評価と部落問題(正・続)』『伊藤千代子の死』『人権感覚を深めるために』『鷹野つぎ――人と文学』『信州異端の近代女性たち』『信州の近代文学を探る』『信州の教育・文化をめぐって』『みすずかる 信州の文化とわが軌跡』『心の血縁を求めて』など。部落解放文学賞評論部門賞および山室静佐久文化賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む