サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

経済学は悲しみを分かち合うために 私の原点
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/28
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-061277-7

紙の本

経済学は悲しみを分かち合うために 私の原点

著者 神野直彦 (著)

人間を幸福にする経済とは? 新自由主義に抗い、人間のための経済を提唱する著者の思想はどのようにして育まれてきたのか。自らの人生、偉大な師や友人らとの交流などを振り返りなが...

もっと見る

経済学は悲しみを分かち合うために 私の原点

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間を幸福にする経済とは? 新自由主義に抗い、人間のための経済を提唱する著者の思想はどのようにして育まれてきたのか。自らの人生、偉大な師や友人らとの交流などを振り返りながら、経済学の使命を根源から問う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

神野直彦

略歴
〈神野直彦〉1946年埼玉県生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。同大学名誉教授。日本社会事業大学学長。著書に「システム改革の政治経済学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

経済学の根源を問う希代な書です!

2018/06/30 11:34

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、人間のための経済学を目指す著者による、経済学とは一体、何のための存在するのかという学問の根源を問う希代な書です。著者は、小さいころ、母親から、お金で買えないものこそ大切にしなさい、と繰り返し言われたそうです。そして、経済学の道に進んだ今、著者は現代の新自由主義経済という考え方には馴染めず、それとは逆の真に人間のための経済を追及しています。そんな著者の考えの根本にある思想をまとめたのが本書です。なかなか読み応えのある一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「お金で買えないものこそ大切にしなさい」

2018/07/25 14:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

経済学は人間の未来のために何をすべきか。財政学の第一人者が自らの人生と思想を振り返りながら問う。TBSラジオ『嶌信彦 人生壱百景「志の人たち」』でお話いただいたご自分の人生を振り返られたことがきっかけで、岩波書店で長く神野先生を担当されている編集者の田中宏幸さんの提案で本書を書かれる運びになった。当時番組アシスタントを務められていた山元香里さんは神野先生の中学の後輩で、神野先生の本をかなり読み込まれていたとのこと。人間のための経済を提唱する神野直彦さんが、世界的な不況やポピュリズムの浸透など歴史的な危機を前にして、経済学の役割を根源から問う1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/11 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む