サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 投資・資産運用の通販
  5. 実務教育出版の通販
  6. タテ・ヨコ比例の鉄板法則で狙い撃つ「超高配当株」の探し方の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

タテ・ヨコ比例の鉄板法則で狙い撃つ「超高配当株」の探し方
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/04
  • 出版社: 実務教育出版
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7889-1477-3

紙の本

タテ・ヨコ比例の鉄板法則で狙い撃つ「超高配当株」の探し方 (資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!)

著者 菅下清廣 (著)

2019年の年央5月から6月頃までが、今の相場で儲けられる最後のチャンス。そのチャンスをつかむ個別銘柄の探し方を、株価上昇トレンドを見極める新法則「タテ・ヨコ比率の法則」...

もっと見る

タテ・ヨコ比例の鉄板法則で狙い撃つ「超高配当株」の探し方 (資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!)

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2019年の年央5月から6月頃までが、今の相場で儲けられる最後のチャンス。そのチャンスをつかむ個別銘柄の探し方を、株価上昇トレンドを見極める新法則「タテ・ヨコ比率の法則」とともに紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 第1章 世界の富とマネーは西から東へ
  • 第2章 金融緩和の余剰マネーはアメリカを目指す
  • 第3章 経済指標と波動理論で読む株価トレンド
  • 第4章 超高配当を狙う24の黄金株
  • 第5章 仮想通貨はこれからピークがやって来る!

著者紹介

菅下清廣

略歴
〈菅下清廣〉国際金融コンサルタント、投資家、スガシタパートナーズ株式会社代表取締役社長、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問、近畿大学世界経済研究所客員教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

実践的

2018/06/29 13:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今の株式相場で儲けられるのは、来年の5月から6月までという仮定で、実戦的に分析しています。一つの参考には、できそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

株式投資 ランキング

株式投資のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む