サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「徹子の部屋」の花しごと
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/13
  • 出版社: 産業編集センター
  • サイズ:19cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86311-191-2

紙の本

「徹子の部屋」の花しごと

著者 石橋 恵三子 (著)

1976年、「徹子の部屋」第1回放送時から、花を生け続けてきた日本初の「消えもの係」が、番組でのエピソードを語りつつ、自身の花人生を振り返る。花しごとを50年続けられた原...

もっと見る

「徹子の部屋」の花しごと

1,404(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1976年、「徹子の部屋」第1回放送時から、花を生け続けてきた日本初の「消えもの係」が、番組でのエピソードを語りつつ、自身の花人生を振り返る。花しごとを50年続けられた原動力についても語る。【「TRC MARC」の商品解説】

1976年・「徹子の部屋」第1回放送時から
一度も欠かさず番組の花を生け続けてきた、ある消えもの係が語る
花とゲストにまつわる感動の回想録。

「『徹子の部屋』のお花は、ゲストの次に大切な第二のゲストです。
石橋さんの花は、いつも、ゲストのように、
時に、はなやかに、時につつましく、私を支えてくれています。」
—黒柳徹子

【消えもの】とは
テレビや映画で使用される、花や食べ物など、使用後は消えてなくなるもの。
石橋さんは「消えもの係」の開拓者としてテレビ朝日内に日本初の「消えもの部」を作った。【商品解説】

目次

  • 第1章 『徹子の部屋』の花しごと
  • 第2章 「消えもの」人生ここにあり
  • 第3章  大好きな花しごとの原動力
  • 終 章  花しごととの出会い 私の原点

著者紹介

石橋 恵三子

略歴
〈石橋恵三子〉1940年東京生まれ。「徹子の部屋」第1回からその日のゲストに合わせて花を選び、フラワーアレンジメントを担当。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「人を喜ばせることが大好き」 笑顔あふれる花しごと

2018/10/18 16:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和時代のバラエティー番組、萩本欽一さんの「欽ちゃんのどこまでやるの?」を当時中学生や高校生だった私は、それはそれは楽しみに観ていました。
中でも一番楽しみにしていたコーナーは「推理ドラマ」といって5種類の献立をゲストがどの順番で食べるかを当てるもの。
なかなか順番すべてが当たることはなかったけれど、毎回真剣に考え、一喜一憂していました。
なぜ、この番組のこのコーナーを懐かしく思い出したのかというと、このコーナーの料理担当の人が書いた本を読んだからです。

はい、「徹子の部屋」の花を番組スタート以来ずっと担当しているこの本の著者、石橋さんがあの料理も作っていたそうです。
昔お世話になった人に久しぶりに出会えたって感じです。

テレビや映画で使用される花や食べものなど、使用後には消えてしまうものを「消えもの」と呼ぶそうですが、石橋さんは日本初の「消えもの」担当。
そうして50年以上のキャリアを持ち、いまだに現役で活躍していらっしゃる。

人を喜ばせることが大好きと、石橋さん。
花の仕事で「きれいね」と喜ばれ、料理の仕事で「美味しいね」と喜ばれ、
彼女の周りは笑顔が笑顔を呼んでいます。

そんな彼女のこれまでの仕事人生をまとめた一冊、です。
最初から最後まで、読みながら石橋さんの笑顔を感じますした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深い

2018/07/03 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎回楽しみに見ている徹子の部屋で、花を生かし続けている著者の生き生きとしたエピソードが興味深く読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する