サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用
  4. 芸事・お稽古
  5. メイツ出版
  6. DVDで手ほどき茶道のきほん『美しい作法』と『茶の湯』の楽しみ方 新版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

DVDで手ほどき茶道のきほん『美しい作法』と『茶の湯』の楽しみ方 新版
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/21
  • 出版社: メイツ出版
  • サイズ:26cm/128p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7804-2070-8
  • 国内送料無料

紙の本

DVDで手ほどき茶道のきほん『美しい作法』と『茶の湯』の楽しみ方 新版 (コツがわかる本)新刊

著者 太田 達 (監修)

お茶会に呼ばれたとき、茶室での振る舞いや所作、お茶席での会話といった茶道の作法を解説。道具、和菓子、自宅で楽しむ点前など、自分で茶会を開く方法も紹介する。ポイントを確認で...

もっと見る

DVDで手ほどき茶道のきほん『美しい作法』と『茶の湯』の楽しみ方 新版 (コツがわかる本)

1,814(税込)

ポイント :16pt

価格は予価のため、お支払額が変更となる場合がございます。

紙の本を予約購入する

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お茶会に呼ばれたとき、茶室での振る舞いや所作、お茶席での会話といった茶道の作法を解説。道具、和菓子、自宅で楽しむ点前など、自分で茶会を開く方法も紹介する。ポイントを確認できるDVD付き。【「TRC MARC」の商品解説】

間違えないことよりも、心をこめること。
形式よりも、自分らしくもてなし、愉しむこと。


まずはイロハから
・お茶会にお呼ばれしたら
・茶室での振る舞いや所作
・お茶席での会話

もっと広がるニホヘト
・茶事と道具のいろいろ
・和菓子との深い関係
・自宅で楽しむお点前


茶の湯には日本の美、日本人の心が詰まっています

今からおよそ1300年前に中国から伝わった茶ですが、
それから約400年後に栄西禅師により佐賀県の背振山に茶の樹が植えられ、
抹茶法が伝えられたころから、一般に飲まれるようになったといわれています。
抹茶法とは、茶碗に直接茶の粉を入れ、これに湯を注いでかき混ぜて飲む方法で、
今の薄茶に近い飲み方と思われます。
その後、幾多の茶人の手を経て、千利休によってわび茶が大成されました。

茶の湯は、「一服の茶を飲む」ことを目的としながら
そこには日本の美、日本人の心に出会うことができます。
それはまるで美の玉手箱です。
今日は、その玉手箱を開けてみることにしましょう。

まず、目にするのは「自然の美」でしょう。
露地に、一輪の花に・・・。
『利休百首』に「花は野にあるように」という言葉があり、
花はつぼみをいけ、野にあるがごとくに露をおき、
茶会が進むにつれて花は開き、最高の美の瞬間を見せます。
茶室という小さな空間の中で、一輪の花の命の輝きにふれながら、お茶をいただきます。

そして、「道具の美」です。
茶碗、茶杓、釜・・・。
茶の湯に使われる道具は時代を映し、
様々な茶人の手を経て伝えられてきました。
茶碗も年月を重ねると、例えば、茶が貫入に染み込み、
これが味わい深い景色になり目を楽しませてくれます。
濃いグリーンの茶をを回し飲みすると、一味同心。
陶工からのメッセージが伝えられ、心がひとつになる充実感がもたらされます。

茶室という空間には派手さも豪華さもありませんが、
吟味された自然の素材がさりげなくつかわれ、
美しく見せる工夫が凝らされています。
こうした「室礼の美」にも感動します。
光と陰の美しさも見逃せません。
光を遮った空間でいただくお茶は、
心に落ち着きをもたらしてくれます。

まだあります。茶を点てる「所作の美」です。
ひとつひとつの動作には美しい型があり、
その動作がおいしい茶を点てるにつながるのです。

最後に美の玉手箱で見つけたのが「亭主と客でつくる美」です。
亭主はかけがえのないひとときを大切に、真心を込めて準備をし客を迎えます。
客は亭主のもてなしに礼をもって応えます。
一服の茶を通して、美を分かち合い、美をつくっていく。
それが「茶の湯」です。



1章 茶会へ行こう

2章 道具を楽しもう

3章 茶会を開こう

※ 本書は、2014年発行の『DVDで手ほどき 茶道のきほん 「美しい作法」と「茶の湯」の楽しみ方』の新版です。【商品解説】

著者紹介

太田 達

略歴
有職菓子御調進所老松主人・茶人。
工学博士。同志社大学特別講師。立命館大学国際関係学部非常勤講師。
江戸時代の学問所址である有斐斎弘道館において、茶文化をはじめとする各種講座を開く。
国内はもとより海外でも話題になる茶会を数多く開く。
専門は食文化、伝統産業論。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

茶道 ランキング

茶道のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む