サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

植物のひみつ 身近なみどりの“すごい”能力(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102491-6
新書

紙の本

植物のひみつ 身近なみどりの“すごい”能力 (中公新書)

著者 田中修 (著)

なぜウメはサクラより早く開花するのか、タンポポの茎はどうして空洞なのか…。学校や家庭でよく目にする植物10種の〈ひみつ〉を紹介し、身近な植物たちに秘められた驚きの能力を解...

もっと見る

植物のひみつ 身近なみどりの“すごい”能力 (中公新書)

929(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜウメはサクラより早く開花するのか、タンポポの茎はどうして空洞なのか…。学校や家庭でよく目にする植物10種の〈ひみつ〉を紹介し、身近な植物たちに秘められた驚きの能力を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

なぜウメはサクラより早く開花するのか、タンポポの茎はどうして空洞なのか、イネの根が水に漬かっても生きていられるのはなぜか、緑色のアジサイの花を見かけたら何に注意すればよいのか、ヒマワリはどこまで背が伸びるか、ジャガイモの食べる部分は根か茎か、バナナの皮は滑りやすいというのは本当か……学校や家庭でよく目にする植物10種の〈ひみつ〉を紹介し、身近な植物たちに秘められた驚きの能力を解説する。【商品解説】

タンポポの茎はなぜ空洞なのか、ヒマワリはどこまで背が伸びるか…学校や家庭でよく目にする植物10種に秘められた驚きの能力とは?【本の内容】

著者紹介

田中修

略歴
〈田中修〉1947年京都府生まれ。京都大学大学院博士課程修了。甲南大学特別客員教授。農学博士。専攻は植物生理学。著書に「つぼみたちの生涯」「ふしぎの植物学」「雑草のはなし」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

身近な植物だからこそ気づくこともさまざま。

2018/08/09 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

良く知っている植物に感じる小さい「ふしぎ」。それに隠された秘密を説明していく。「はじめに」にも書かれていましたが”ひみつ”というよりは”ふしぎ”かな、と感じました。不思議に思える性質の説明や名前の由来など、雑学から科学的な話までまでさまざまな方面からの話が載っていてとても楽しく読めます。

ウメのところではサクラよりなぜ早くさくのか、から開花の機構の話へ。同じバラ科での違いということでしたら、もっと寒い時期に咲いているビワなどとの違いも知りたかったです。

タンポポは「明るくなると咲く」を確かめる実験があります。つぼみがあれば簡単にできるので「夏休みの実験」でもできそうだなと思いました。

イネのところでは無洗米の作り方、特徴の説明が。「洗わないので手間が減る」というだけでなく「手洗いよりも良い」理由があって面白かったです。私は長年無洗米派なので「わが意を得たり」でした。

アジサイの葉には毒がある、というところではアマチャがでてきます。アマチャは学名がアジサイと同じで変種とか。アマチャは葉を煎じて「甘茶」として昔から知られています。アマチャの葉なら食べても良いのでしょうか。どこが違っているのでしょうか。

ジャガイモがフランス語では「大地のリンゴ」となっているわけを、著者はその栄養面から説明しています。でも私はベランダ栽培で出来た小さめのジャガイモを見たとき、酸っぱくて小さいリンゴの形そっくりだったので納得したことが忘れられません。

キクの章では「白い花弁でも黄色い色素は作っている」話。「小さい気泡で白く見える」ことも書いてありましたが「気泡を追い出したら透明になるかやってみて」とありました。「透明な」といえばサンカヨウ。これについても著者の見解を読みたかったです。

身近な植物だからこそ、読む人がそれぞれ違う不思議を感じているかもしれません。そんな「ひろがり」を感じます。個人的には上に書いたように「もう一歩踏み込んでほしいな」というところでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/22 18:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/15 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/15 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む