サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 彩流社の通販
  6. 探査ジャーナリズム/調査報道 アジアで台頭する非営利ニュース組織の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

探査ジャーナリズム/調査報道 アジアで台頭する非営利ニュース組織
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2018/10/09
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:210×148mm/292ページ
  • ISBN:978-4-7791-2497-6
  • 国内送料無料

紙の本

探査ジャーナリズム/調査報道 アジアで台頭する非営利ニュース組織新刊

著者 花田達朗 (編著),スティーブン・バトラー (編著),渡辺周 (編著),木村英昭 (編著),ワセダクロニクル (編著)

日本のメディアは、言論表現の自由が脅威にさらされるなか、 権力監視の役割で機能不全を起こしている。 この現状は、世界から見ても異様である(報道の自由度 ランキングで日本...

もっと見る

探査ジャーナリズム/調査報道 アジアで台頭する非営利ニュース組織

3,132(税込)

ポイント :29pt

価格は予価のため、お支払額が変更となる場合がございます。

紙の本を予約購入する

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本のメディアは、言論表現の自由が脅威にさらされるなか、
権力監視の役割で機能不全を起こしている。

この現状は、世界から見ても異様である(報道の自由度
ランキングで日本は67位、国境なき記者団、2018年)。

日本でジャーナリストが、
表現の自由とメディアの独立のために闘うには、
どうすればいいのか。

日本のポジティブな実践を確認しつつ、
韓国、台湾、フィリピンなどアジア各国で近年立ち上がった、
社会変革を目指すニュース組織の
先鋭的な新モデルの実践を学ぶ。

早稲田大学での国際シンポジウム記録と書き下ろし論文を収録。

探査ジャーナリズムとは徹頭徹尾、
「権力の監視」を使命とする。
尊厳が傷つけられ、侵され、
奪われている人々の状況を発掘し、直視し、
事実によってその現実をパブリックに
向かって暴露していくのである。【商品解説】

目次

  • 第Ⅰ部 
  • アジア地域における探査ジャーナリズム―ジャーナリストの実践
  • 日本における調査報道ジャーナリズムの経験(討論)
  • 依光隆明(朝日新聞)
  • 熊田安伸(NHK)
  • 石丸次郎(アジアプレス・ネットワーク)
  • マーティン・ファクラー(ニューヨークタイムス元東京支局長)
  • スティーブン・バトラー(CPJ)

著者紹介

花田達朗

略歴
はなだ・たつろう
1947年、生まれ。
社会学者。前早稲田大学ジャーナリズム研究所長。
主著『ジャーナリズムの実践』
(花田達朗ジャーナリズムコレクション2、彩流社、2018年)、
『メディアと公共圏のポリティクス』
(東京大学出版会、1999年)、
共著に『調査報道ジャーナリズムの挑戦
ー市民社会と国際支援戦略』(旬報社、2016年)他多。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む