サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この制御不能な時代を生き抜く経済学(講談社+α新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/21
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-511934-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

この制御不能な時代を生き抜く経済学 (講談社+α新書)

著者 竹中平蔵 (著)

パワーむき出しの米中、ビッグデータ覇権争い、第四次産業革命…。ダボス会議で見た激化する各国の政策競争の様子を伝え、それとは対照的に構造改革が進まない日本の厳しい現状を解説...

もっと見る

この制御不能な時代を生き抜く経済学 (講談社+α新書)

907(税込)

この制御不能な時代を生き抜く経済学

864 (税込)

この制御不能な時代を生き抜く経済学

ポイント :8pt / 紙の本より43おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.2MB 無制限
Android EPUB 4.2MB 無制限
Win EPUB 4.2MB 無制限
Mac EPUB 4.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パワーむき出しの米中、ビッグデータ覇権争い、第四次産業革命…。ダボス会議で見た激化する各国の政策競争の様子を伝え、それとは対照的に構造改革が進まない日本の厳しい現状を解説。それを突破するのに必要な施策を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

パワー剥き出しの米中、ビッグデータ覇権争い、第四次産業革命……、世界はなりふり構わぬ激突へ!
2021年、大きな試練が日本を襲う。世界情勢に精通する著者ならではの最新情報をもとに示す、未来の危機をチャンスに変える6戦略!

まえがき  「心地よさ」というワナ
序章 政策力を競い合う世界
第一章 トランプのレームダック化に備えよ
第二章 リープフロッグを日本のチャンスに変えよ
第三章 第四次産業革命の大波に乗れ
第四章 財務省と厚生労働省は考えを改めよ
第五章 今すぐ人材評価を変えよ
第六章 未来にある危機を放置するな
あとがき 次の時代をつくるために

私たちの先祖はたいてい祖先と同じ地域に住み、祖先と同じ仕事を今日、明日、明後日と変わらず続けてきた。このため、社会のあり方について根本的に考えようという発想が、なかなか起きなかったのだろう。こうした時代は完全に終わった。現在、進行する第四次産業革命では、今ある職業が明日も残っているという保証はない。経済や社会の体制も大きく変わっていくはずだ。経済学「エコノミクス」の語源は、「共同体のあり方」を意味するギリシャ語の「オイコスノモス」である。その共同体のあり方を考える経済学の意義や役割が、今ほど問われているときはない。逆にいえば、これからの社会変化のグランドデザインを描けないなら、経済学に存在意義はない。――あとがき「次の時代をつくるために」より【商品解説】

不祥事への大きな怒り、米中技術覇権への不安、トップ国家の半分しかない豊かさ、なのに変われない国。日本の危機を突破する6戦略。【本の内容】

不祥事への大きな怒り、米中技術覇権への不安、トップ国家の半分しかない豊かさ、なのに変われない国。日本の危機を突破する6戦略。【本の内容】

目次

  • まえがき 「心地よさ」というワナ
  • 序章 政策力を競い合う世界
  • 第一章 トランプのレームダック化に備えよ
  • 第二章 リープフロッグを日本のチャンスに変えよ
  • 第三章 第四次産業革命の大波に乗れ
  • 第四章 財務省と厚生労働省は考えを改めよ
  • 第五章 今すぐ人材評価を変えよ
  • 第六章 未来にある危機を放置するな
  • あとがき 次の時代をつくるために

著者紹介

竹中平蔵

略歴
〈竹中平蔵〉1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。小泉内閣で経済財政政策担当大臣などを歴任。東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター長・教授、慶應義塾大学名誉教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

国際情勢に精通した著者ならではの未来の戦略を考えた書です!

2018/07/07 10:51

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代社会は、アメリカのトランプ政権の独自路線や中国の台頭、さらにAIの登場、ビックデータによる経済改革など、パワーによる覇権争いが非常に明確になってきてます。そして、2021年には日本を大きな危機が襲う可能性が示唆されています。そうした状況の中、私たちはどのような対処をすればよいのか。また、そうした危機をチャンスに変える糸口はあるのか。そうした未来の我が国の戦略について真剣に検討した作品となっています。国際情勢に精通した著者ならではのアイデアも満載で、興味深い内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

批判する人は竹中平蔵を理解しているのかい?

2018/08/04 00:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蒙リーニョ - この投稿者のレビュー一覧を見る

巷では、竹中平蔵氏は新自由主義経済学者や格差の拡大させた元凶として批判されている。また、売国奴とも聞かれる。
しかしながら、竹中氏は日本の今を客観的に見ている愛国者である。批判する人はその人の考え方を理解しているのか?多分そうではないだろう。このレビューを書いている私でも、竹中氏の考えには疑問を抱く物も多いが、事象を詳細に分析し舌鋒鋭く述べているところに感服する。
今の日本の経済学は、イデオロギーや主義によって評論されているがそれらの主観を排して客観的に分析される様な状態が少なくない。
しかし、この本は学者として実業家としての側面からも書かれている。この本が説に今の状態を打破させる1つの処方箋としてあっても良いではないか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む