サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大名庭園の近代
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/06/05
  • 出版社: 思文閣出版
  • サイズ:22cm/451,15p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7842-1909-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

大名庭園の近代新刊

著者 小野 芳朗 (著),本康 宏史 (著),三宅 拓也 (著)

近代には、廃藩置県による所有者の変遷など、大名庭園を巡りさまざまな現象が起こった。岡山後楽園、金沢兼六園などを取り上げ、大名庭園とその周辺で起こる諸現象を、近代の都市の成...

もっと見る

大名庭園の近代

8,640(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代には、廃藩置県による所有者の変遷など、大名庭園を巡りさまざまな現象が起こった。岡山後楽園、金沢兼六園などを取り上げ、大名庭園とその周辺で起こる諸現象を、近代の都市の成立・経営と絡めて論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

大名庭園が語られるとき、お殿様がいた近世に注目が集まるのに対し、近代はまったく忘れられてきたのではないか?
ところが幕末維新を経て、明治・大正・昭和という激動の時代をくぐりぬけるあいだに、庭園自体も、その都市のなかでの位置づけも、大きな変容をとげている。そして現在流布している各庭園のイメージは、じつは近代に形作られたといってよい。
こうした問題意識から、大名庭園のいまを知るために決して見落とすことができない近代の歴史を掘り起こす。【商品解説】

目次

  • 第一部 岡山後楽園
    • 第一章 近世の御後園
    • 第二章 近代の後楽園
    • 結章
  • 第二部 金沢兼六園
    • 第一章 近世の兼六園
    • 第二章 近代の兼六園
    • 結章
  • 第三部 水戸偕楽園
    • 第一章 近世の偕楽園

著者紹介

小野 芳朗

略歴
〈小野芳朗〉1957年生まれ。京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科教授。
〈本康宏史〉1957年生まれ。金沢星稜大学経済学部教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む