サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/28
  • 出版社: 医学書院
  • サイズ:21cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-260-03636-8
専門書

紙の本

どもる体 (シリーズケアをひらく)

著者 伊藤 亜紗 (著)

【毎日出版文化賞企画部門(第73回)】「どもる」という身体的経験にフォーカスを当て、どもるとき、当事者のなかで何が起き、それとどのように付き合っているのか、インタビュー調...

もっと見る

どもる体 (シリーズケアをひらく)

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【毎日出版文化賞企画部門(第73回)】「どもる」という身体的経験にフォーカスを当て、どもるとき、当事者のなかで何が起き、それとどのように付き合っているのか、インタビュー調査で明らかにする。『看護教育』連載をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

何かしゃべろうとすると最初の言葉を繰り返してしまう(=「連発」という名のバグ)。それを避けようとすると言葉自体が出なくなる(=「難発」という名のフリーズ)。吃音とは、言葉が肉体に拒否されている状態です。しかし、なぜ歌っているときにはどもらないのか?なぜ独り言だとどもらないのか?従来の医学的・心理的アプローチとはまったく違う視点から、徹底した観察とインタビューで吃音という「謎」に迫った画期的身体論!【商品解説】

著者紹介

伊藤 亜紗

略歴
〈伊藤亜紗〉東京大学大学院人文社会系研究科美学芸術学専門分野博士課程修了(文学博士)。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。専門は美学、現代アート。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

ことばではなく、からだがどもる

2018/07/29 15:27

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aki - この投稿者のレビュー一覧を見る

吃音について、身体論からアプローチする新しい試み。なぜどもるのか、どもりそうな時どのように対応するのかなどを当事者へのインタビューを通じて明らかにしていく。対処法が症状にもなってしまうなど、当事者も気づいていない吃音独特の世界が垣間見える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『エッ!? カラダが、どもる???』ど素人としては、まず驚く

2020/12/25 03:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ど素人としては、「どもるのは言葉じゃぁないの?」って思うから、『どもる体』と言われて、目からウロコを落としながら驚きを隠せない。ーーーーーもっとも、英語を教わるのに、体も使って発音しながら覚えると言う教育法があり、結構、成果を出してるとも聞く故に「言葉」と「体」は切り離せないのかもなと感じてた所に、この本と出会ったので、そんな「首切り処刑」みたいな観念的に考えてては「どもり」の真の姿には辿り付けないのかもなぁ〜と思う様になった。ーーーーまた、「どもり」と言うのは、素人が考えて居るよりも本書によると、ずっとおくが深くて、山で言うと「独立峰」の様に、単純ではなくて「連峰」の様に、幾つもの「障害」が連なり重なっている様だ。 本書の著者氏も、この「連峰」の「住人」の様で(どの辺に住んでるのかは不明)、さらに「連峰」に暮らす「住人」さんたちに出会って、この「どもり連峰」をガイドしてくれてる。 ただし、少しガイドが詳しくて、その「小さな親切」が「大きなお世話」で読み辛い向きには、後ろから読むと言う、山で言ったらケーブルカーやロープウエイを使って山頂近くに行くのも良い。 また、長年、私が、
抱いていた「どもる人で、この世で活躍してる人って、なんか『意志』がよくも悪くも強い」との感じが、本書により「ああ、そう言うことか!」と府に落ちたーーーーそれは、この世をサバイバルするための必須のものだったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/13 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/30 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/15 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/19 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/08 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/25 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/29 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/27 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/15 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/19 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/13 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/18 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/07 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。