サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン(1001-03)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 亜紀書房の通販
  6. SPQRローマ帝国史 1 共和政の時代の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/26
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:20cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1537-3

紙の本

SPQRローマ帝国史 1 共和政の時代

著者 メアリー・ビアード (著),宮崎 真紀 (訳)

古代ローマ発祥から、カラカラ帝が帝国内の全自由民に市民権を与えるまで、古代ローマ史前半の千年を追い、テヴェレ川沿いの小さな町がなぜ巨大帝国に発展したのかを読み解く。カラー...

もっと見る

SPQRローマ帝国史 1 共和政の時代

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代ローマ発祥から、カラカラ帝が帝国内の全自由民に市民権を与えるまで、古代ローマ史前半の千年を追い、テヴェレ川沿いの小さな町がなぜ巨大帝国に発展したのかを読み解く。カラー口絵も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

政治、経済、戦争、ローマ人の意外な暮らしぶりを鮮やかに描き出す、今までにないローマ史。

なぜローマは短期間に巨大帝国を築き得たのか?この人類史のミステリーに、大英勲賞受賞の「イギリスで最も有名な古典学者」が挑む。
「全米批評家協会賞」最終候補、「カナダ・カンディル賞」ノミネートなど、アメリカ・ヨーロッパ・アジア各国で大反響を呼んだ、驚きと興奮の歴史書!

ローマはなぜ圧倒的成功をおさめたのか。興味の尽きない謎が鮮やかに解かれる。生き生きとした筆致に、大部であることを忘れてページをめくり続けた。必読だ!
――成毛眞氏(元マイクロソフト社長、HONZ代表)

世界が絶賛!
「歴史書の新たな傑作」(エコノミスト)
「これはもう古典だ」(ウォールストリート・ジャーナル)
「100ノータブル・ブックス2015」(ニューヨーク・タイムズ)
「ベストブックス2015」(ウォールストリート・ジャーナル)
「ベストブックス2015」(カーカス・レビュー)
「ブック・オブ・ジ・イヤー」(エコノミスト)
「トップテン・ベストセラー」(サンデー・タイムズ)
「ブリッティッシュ・ブック・インダストリー2016ブック・オブ・ジ・イヤー」最終候補
「カーディアン」「インディペンデント」「ヘラルド」「テレグラフ」ほか、各紙絶賛、書評多数。
スペインで最も権威ある「アストゥリアス皇太子賞」受賞【商品解説】

著者紹介

メアリー・ビアード

略歴
〈メアリー・ビアード〉ケンブリッジ大学古典学教授。ニューナム・カレッジ特別研究員、『ロンドン・タイムズ』紙文芸付録の古典文学編集者、英国学士院会員、アメリカ芸術科学アカデミー特別会員。大英帝国勲章受章。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

共和制ローマが終わるまで

2023/09/13 17:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ローマの歴史について気になる人は多いと思うけれども、この本はだいぶ血なまぐさい共和制ローマの側面を書いています。
建国神話の分析からカエサルまで。まだまだローマははじまったばかりだけれども、この本だけでもだいぶおなかいっぱいになれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正直に言って退屈…。

2019/12/10 00:19

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直に言ってつまらない。これは決して著者が悪いわけではない。歴史の研究所としては,客観的描写を心掛けなければいけないので,塩野七生のようなわけにはいかない。「ローマ人の物語」の場合,著者自身「物語」とことわっているいるくらいだから,あくまで塩野七生が自分の好みに合わせて再構成した物語です。事実とは(おそらく)違う。とにかく,「そうなのか」「そういう見方もあるか」と膝を打つ箇所はいくつかあった。ただ本書,古代史が概ね頭に入っている人でないと流れがつかめないと思う。最低でも「ローマ人の物語」を読破してから挑戦してください。ほんとうに退屈なのかどうか,英語版を読んで確かめたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

帝国が皇帝を作る

2019/05/22 07:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ただの人間 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの資料がなぜ信用できるのか、できないのか(信用できないとしてどのように解釈すべきか)も交えながら、ローマの歴史について書かれている。(多少安直に繋げすぎという印象も受けたが)いかにローマが現代に続く社会システムの基礎をなしているか、どのようにその他大勢の民族から抜け出したかという視点からの考察が中心だった。上巻は概ねカエサル殺害までのものだが、皇帝が帝国を作るのではなく、むしろその逆というのが非常に印象に残った。一般市民がいかに政治的な頂点であり続けられるか、ということにつながるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/17 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/16 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/01 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。