サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 経済産業調査会の通販
  6. 現代産業選書の通販
  7. AI/IoT特許入門 AI/IoT発明の発掘と権利化の勘所の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

AI/IoT特許入門 AI/IoT発明の発掘と権利化の勘所(現代産業選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/15
  • 出版社: 経済産業調査会
  • レーベル: 現代産業選書
  • サイズ:21cm/233p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8065-3016-9
  • 国内送料無料

紙の本

AI/IoT特許入門 AI/IoT発明の発掘と権利化の勘所 (現代産業選書 知的財産実務シリーズ)

著者 河野英仁 (著)

Google、GE等の米国先進企業の特許を通じて、AI・IoT特許のポイントを説明。さらにAI・IoT関連発明を見逃さず発掘し、どのように特許化すべきか、どのようにしてA...

もっと見る

AI/IoT特許入門 AI/IoT発明の発掘と権利化の勘所 (現代産業選書 知的財産実務シリーズ)

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Google、GE等の米国先進企業の特許を通じて、AI・IoT特許のポイントを説明。さらにAI・IoT関連発明を見逃さず発掘し、どのように特許化すべきか、どのようにしてAI・IoTビジネスを守るかを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
知財部門の方々はもちろん、開発・事業部門の方々など、
AI/IoTビジネスに関わる全ての方必読の一冊!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IoT機器を通じたビックデータの収集、ディープラーニングを始めとするAIアルゴリズムの急速な進化、GPUを含めたハードウェア性能の向上によりAI化があらゆる分野で急速に進んでいます。しかしながらAI、AIというものの、どのように技術者から発明を引き出せばよいか、何が特許になるのかよくわからないという意見をよく聞きます。

 本書ではAI・IoT技術の最先端を走る米国先進企業の特許を通じて、AI・IoT特許のポイントを学び、自社で生まれるAI・IoT関連発明を見逃さず発掘し、どのように特許化し、どのようにAI・IoTビジネスを守るかの勘所を徹底解説しております。各章の内容は以下の通りであります。

 第1章では、なぜ急速にAI技術が普及してきたかの背景を解説。第2章では、AI nowと称される現在急速に普及・実用化が進んできたディープラーニング、強化学習、及び、深層強化学習の技術概要について解説。第3章ではAI技術をリードする米国、中国の動向について解説し、日本の現状と日本国特許庁が始めた施策について説明。第4章では、特許訴訟事件を解説し、今までのルールベースに基づく特許の書き方ではAI技術はカバーできないことを理解していただく。第5章は本書のメインとなる部分である。AI技術で先行する企業の特許事例を通じてAI特許の勘所をつかんでいただく。ビジネス領域は異なるかもしれないが、読者の皆様が得意とする事業領域でAI関連発明を生み出す際、きっと手掛かりとなるはずです。

 第6章では、IoT+AIによるビジネスモデルを解説。米国GE、ドイツイグス社のIoT戦略と、データ取得のためのビジネス戦略を解説。第7章は特許実務家向けに、競合他社に効くAI/IoT特許請求項の書き方を論じました。新たな技術が生じれば特許の書き方も当然に変わります。特許証をとるために特許を出願するのではない。競合他社に対する参入障壁を築き自社ビジネスを優位に進めるために特許を出願するのであります。競合他社に効くAI/IoT特許請求項の書き方を、判例を交えて徹底解説します。第8章はIoT機器と親和性の高いブロックチェーン技術について解説。第9章は総括として、AI/IoT特許提案書を技術者から引き出すコツをまとめました。

 AI技術は非常に高度であり理解するのは困難であります。しかしながら、完成されたAI技術をモジュールとして積極的に自社の得意領域で活用し、新たなビジネス・サービスに利用することは発想次第であります。この発想はAI技術の専門家でなくとも行うことができ、特許として権利取得することも可能です。

 本書は、知財部門の方々はもちろん、開発・事業部門の方々など、AI/IoTビジネスに関わる全ての方が必読すべき一冊となっております。【商品解説】

目次

  • ━━━━━━━━━━━━━
  • 第1章 AI技術普及の背景
  • ━━━━━━━━━━━━━
  • 1.AI普及の3つの理由
  • 2.IoTデバイス及びデータ量の増加見込み
  • 3.AIのモジュール化と開発環境の変化
  • 4.AIの適用分野
  • ━━━━━━━━━━━━
  • 第2章 AI技術の基礎知識

著者紹介

河野英仁

略歴
〈河野英仁〉河野特許事務所所長。弁理士。著書に「FinTech特許入門」「中国特許法と実務」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

特許を守る

2018/09/13 23:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凄まじき戦士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

AI・IoT関連発明における特許の発掘及びその権利の保護を話の主軸とした書籍となっていました。
特許の重要性を説いているあたりは好感が持てましたが、正直な話、文章がくどい部分も多く、あまり読みやすい書籍とは言い難いです。
ある程度の前提知識ありきな内容なので関連業種でもない限り、いきなりこれを読むのはどうかなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビジネスの法律 ランキング

ビジネスの法律のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む