サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 法藏館
  4. 植民地近代という経験 植民地朝鮮と日本近代仏教

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

植民地近代という経験 植民地朝鮮と日本近代仏教
植民地近代という経験 植民地朝鮮と日本近代仏教 植民地近代という経験 植民地朝鮮と日本近代仏教
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2018/07/25
  • 出版社: 法藏館
  • サイズ:356ページ
  • ISBN:978-4-8318-5552-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

植民地近代という経験 植民地朝鮮と日本近代仏教新刊

著者 諸 点淑 (著)

 植民地朝鮮において展開された日本仏教の社会事業を、帝国史的視角から分析。その分析結果から、植民地という特殊空間によって導き出される日本仏教の近代的特質を抽出する。同時に...

もっと見る

植民地近代という経験 植民地朝鮮と日本近代仏教

8,100(税込)

ポイント :75pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

 植民地朝鮮において展開された日本仏教の社会事業を、帝国史的視角から分析。その分析結果から、植民地という特殊空間によって導き出される日本仏教の近代的特質を抽出する。同時に、それら社会事業を提供されたことによって朝鮮側が認識した「近代性」や、近代化の進展に伴って発生する日常的な抵抗・軋轢、同化・協力などにも言及し、民族主義に立脚した歴史研究では見逃されてきた局面を描く。

 植民地を媒介に〈近代仏教〉とは何かを問い直し、ナショナリズムに立脚した日韓の近代認識にも再考を迫った気鋭の著者による野心作。

*************
 植民地朝鮮という〈場〉を媒介として日本仏教の近代性を「帝国史」的な視点に立って探求する本書では、具体的に、植民地朝鮮における日本仏教の「社会事業」を手がかりとして分析を行う。(中略)善意に基づく宗教の実践行為ともいえる社会事業は、植民地という特殊な場においては「植民地権力」といった暴力性を孕んだ形で表出されるだろう。別の言い方をすれば、社会事業に着目することは、日本仏教の「植民地的近代」を多様な側面から確認できる素材となりうる。その暴力性に向き合う朝鮮人の抵抗・同化・協力といったものは、朝鮮人の近代的主体の形成、つまり日本仏教による他者の主体形成という側面からも検討する余地が十分あると考えている。いずれにせよ、日本仏教の「布教」という宗教的な特質のみならず、「社会事業」を手がかりとすることによって、「社会事業」という衣を身に纏いつつ表出された、植民地空間における日本仏教の「近代化」をとらえることができると確信している。(「序章」より)
*************【商品解説】

目次

  • 序 章
  •   第一節 問題の所在
  •   第二節 近代「日本仏教」から韓国の近代史を読む
  •    1 近代「日本仏教」のとらえ方
  •    2 「帝国史的」な観点から近代の「日本仏教」をとらえなおす
  •    3 研究の方法
  •   第三節 先行研究
  •    1 日本「近代仏教」に関する研究現況
  •    2 東アジアにおける日本仏教の布教
  •    3 朝鮮における日本仏教の布教

著者紹介

諸 点淑

略歴
諸点淑(ジェ・ジョムスク) 1973年、韓国釜山生まれ。2000年韓国東西大学校日語日文学科卒業。2004年同大学校日本地域研究科修士課程修了。2009年立命館大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員(DC・PD)、韓国東西大学校非常勤講師を経て2010年韓国東西大学校日本学科助教授、現在は同大学校東アジア学科副教授。 主な研究に「近代韓国〈親日―抗日〉談論:韓国仏教「親日」意味? 多様性」(『比較日本学』37、2016.09)、「植民地朝鮮 在日仏教留学生? 動向:「朝鮮仏教団」布教留学生? 親日様相? 中心??」(『日本研究』29、2017.02)があり、共著 『植民地朝鮮と宗教』(三人社、2013)、 翻訳書『近代日本? 宗教言説? 系譜』(ノンヒョン、2016)等がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)