サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界推理短編傑作集 新版 1(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/403p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-10007-0
文庫

紙の本

世界推理短編傑作集 新版 1 (創元推理文庫)

著者 エドガー・アラン・ポオ (ほか著),江戸川 乱歩 (編)

珠玉の推理短編を年代順に集成し、1960年の初版以来、版を重ね現在に至る傑作アンソロジーをリニューアル。1は、“推理小説の祖”ポオから、ドイルを経て20世紀初頭のフットレ...

もっと見る

世界推理短編傑作集 新版 1 (創元推理文庫)

1,037(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

珠玉の推理短編を年代順に集成し、1960年の初版以来、版を重ね現在に至る傑作アンソロジーをリニューアル。1は、“推理小説の祖”ポオから、ドイルを経て20世紀初頭のフットレルまで、最初期の半世紀を俯瞰する。〔初版のタイトル:世界短編傑作集〕【「TRC MARC」の商品解説】

珠玉の推理短編を年代順に集成し、1960年初版で以来版を重ね現在に至る傑作アンソロジー『世界短編傑作集』を完全リニューアル! 第一巻は巻頭に編者江戸川乱歩の「序」を配し、1844年のポオ「盗まれた手紙」に始まり、コリンズ「人を呪わば」、ドイル「赤毛組合」、フットレル「十三号独房の問題」などを収録。オルツィ「ダブリン事件」は新訳、チェーホフ「安全マッチ」はロシア語からの翻訳に変更。新カバー、新解説。【商品解説】

収録作品一覧

盗まれた手紙 エドガー・アラン・ポオ 著 17−46
人を呪わば ウィルキー・コリンズ 著 47−92
安全マッチ アントン・チェーホフ 著 93−128

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シャーロック・ホームズを半世紀ぶりに読む

2018/09/06 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理小説などほとんど読んだことがないと人でも、シャーロック・ホームズの名前は知っているだろう。何しろ彼は世界で最も有名な英国人だろうから。
 推理小説を読んで来なかったと思っていた私も、そういえば確かに彼の物語の何篇かは読んできたはずで、それは人生のごく初期の、少年時代の貴重な読書体験であったはずだ。
 しかし、残念ながら彼の、そして彼の友人であるワトスン君の活躍のほとんどが遠い記憶の果てにある。

 シャーロック・ホームズの物語が多くの推理小説のように長編小説だと、これもまた遠い記憶による勘違いなのだが、この「赤毛組合」は文庫本でわずか40ページ余りの短編小説なのだ。
 その短い物語で、壮大な銀行強盗の計画が進行していくのをシャーロック・ホームズが阻止するというのだから、著者であるコナン・ドイルの筆がいかに容量よく簡潔に、しかも読者の欲望を巧みに刺激することに長けていたかが、よくわかる。
 短編小説の面白さは、作家の筆力を思う存分味わえるところにある。

 それにしても、タイトルにある「赤毛組合」というのはユーモアがある。
 人の目を奪うような赤毛を持っている人だけが享受できるアルバイト、その募集に集まった赤毛の人たち、その姿を想像するだけで面白い。
 その裏に大きな犯罪が隠されているのだから、やはりそれを見破ったシャーロック・ホームズは永遠の探偵なのだろう。
 小気味いい、推理短編作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/27 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/21 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る