サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

父とふたりのローマ(鈴の音童話)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2018/06/01
  • 出版社: 銀の鈴社
  • レーベル: 鈴の音童話
  • サイズ:22cm/139p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-86618-029-8

紙の本

父とふたりのローマ (鈴の音童話)

著者 日野 多香子 (著),内田 新哉 (絵)

クリスマスからお正月までの、冬休みを使ったイタリアへの旅で繰り広げられる、父と息子のぶつかり合い。人生の新たな目標を得た父と並行するように、息子も葛藤をへて成長していき…...

もっと見る

父とふたりのローマ (鈴の音童話)

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クリスマスからお正月までの、冬休みを使ったイタリアへの旅で繰り広げられる、父と息子のぶつかり合い。人生の新たな目標を得た父と並行するように、息子も葛藤をへて成長していき…。父子の交流を丁寧に描く。【「TRC MARC」の商品解説】

私の心の中に住み着いた少年 児童文学作家 日野多香子

ごく若いころから私はイタリアが好きでした。その古い歴史、政治家、素晴らしい文化遺産を残してくれたダ・ヴィンチやミケランジェロをはじめとする芸術家たち、歴史ある建造物の数々。・・・現代も古い建物の間を現代的な車が走っています。
下町と呼ばれるあたりからは、飾らないおばちゃんたちの歯切れのいい早口の言葉が聞こえてきます。
そんな私の心の中に一人の少年が住み着いたのはいつの頃だったでしょうか?少年は育ち一人歩きをはじめ、やがて、ローマで父と出会います。それがこの物語です。
ー跋文より抜粋ー【商品解説】

目次

  • ◆もくじ◆
  • 第1章 初めてのひとり旅
  • 第2章 父が消えた
  • 第3章 ふたりの朝
  • 第4章 父の姿
  • 第5章 マーガレットの花束
  • 第6章 朝の広場
  • 第7章 ステファーノさんの味
  • 第8章 ある物語
  • 第9章 鐘楼の上

著者紹介

日野 多香子

略歴
〈日野多香子〉東京都出身。児童文学作家。「闇と光の中」で第10回日本児童文学者協会新人賞受賞。他の著書に「つばさのかけら」「樋口一葉ものがたり」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む