サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/06
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390870-0

紙の本

天地に燦たり

著者 川越 宗一 (著)

【松本清張賞(第25回)】侵略する者、される者それぞれの矜持−。豊臣秀吉の朝鮮出兵により侵略の風が吹き荒れる東アジアを、島津の侍大将、朝鮮国の被差別民の青年、琉球国の官人...

もっと見る

天地に燦たり

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【松本清張賞(第25回)】侵略する者、される者それぞれの矜持−。豊臣秀吉の朝鮮出兵により侵略の風が吹き荒れる東アジアを、島津の侍大将、朝鮮国の被差別民の青年、琉球国の官人という3つの視点から克明に綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

この熱量はすべての読者を圧倒する。
衝撃の松本清張賞受賞作。

戦を厭いながらも、戦のなかでしか生きられない島津の侍大将。
被差別民でありながら、儒学を修めたいと願う朝鮮国の青年。
自国を愛し、「誠を尽くす」ことを信条に任務につく琉球の官人。

豊臣秀吉の朝鮮出兵により侵略の風が吹き荒れる東アジアを、
三つの視点から克明に続く。

なぜ人は争うことを辞められないのか。
人と獣を分かつものとは、一体なんなのか――
京極夏彦、三浦しをんら選考委員も絶賛した
傑作歴史エンターテイメント。【商品解説】

著者紹介

川越 宗一

略歴
〈川越宗一〉1978年大阪府生まれ。龍谷大学文学部史学科中退。「天地に燦たり」で第25回松本清張賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

力量の素晴らしさ

2020/11/21 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るい - この投稿者のレビュー一覧を見る

川越宗一さんの講演を聞く前に読もうと初めて、手を伸ばしました。
諸般の事情で講演に行くことが叶わず、残念でしたが、本を手にしたことができた事だけでも良かったです。
薩摩藩 久高、朝鮮国 明鐘、琉球国 真下、
立場も身分も違う3人のそれぞれの出会いと3人の出会いが、上手く描かれていて、自然で、力量の素晴らしさを感じました。
不自然に感じたのは、薩摩藩の時代を描きながら、鹿児島の表記があったこと。講演会に行っていたら、鹿児島と表記された意図を質問したかったです。再度、読み、他の作品も読みたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/02 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/29 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/10 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/08 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/06 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/10 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/08 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/04 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/06 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/02 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/13 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/03 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/09 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。