サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

火の鳥 3 ヤマト・異形編(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-106632-4
文庫

紙の本

火の鳥 3 ヤマト・異形編 (角川文庫)

著者 手塚治虫 (著)

永遠の命とは何か? 古代から超未来まで、あらゆる時空を飛翔して、生命の素晴らしさを高らかに謳う手塚治虫の傑作が復活。3は、ヤマト編、異形編、三部けいによるトリビュート・コ...

もっと見る

火の鳥 3 ヤマト・異形編 (角川文庫)

950(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

火の鳥(角川文庫) 10巻セット

  • 税込価格:9,50488pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

永遠の命とは何か? 古代から超未来まで、あらゆる時空を飛翔して、生命の素晴らしさを高らかに謳う手塚治虫の傑作が復活。3は、ヤマト編、異形編、三部けいによるトリビュート・コミック、解題、扉絵ギャラリー等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

クマソ王国タケルの妹カジカ。宿敵のヤマト国、王子オグナ。彼らに芽生える許さざる愛とその葛藤。
奇妙な古墳跡から想いを拡げるはるか悠久の古代ロマン、ヤマト編。
乱世時代。残虐非情の父を憎み、その復讐のため八百比丘尼を殺す左近介。
が、やがて怖ろしい因果応報が巡ってくる……。
「罪と償い」を描く異形編。

解説 竹宮惠子
新装版豪華企画:描き下ろしトリビュート・コミック 三部けい
【商品解説】

目次

  • ヤマト編
  • 異形編

著者紹介

手塚治虫

略歴
昭和3年(1928年)11月3日生まれ。平成元年(1989年)2月9日没。勲三等瑞宝章叙勲。漫画の神様と呼ばれ、現代の漫画文化を築き上げた人物。代表作に『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック(1975年第4回に本漫画家協会賞特別優秀賞)』、『陽だまりの樹(1983年第29回小学館漫画賞)』、『アドルフに告ぐ(第10回講談社漫画賞一般部門)』など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

無限ループ

2018/08/05 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は日本武尊の熊襲征伐伝説をベースに、石舞台古墳に触発されて創作された物語。火の鳥は、笛を聴かせてくれたくらいで、日本武尊(=大和政権)に肩入れする点が納得できませんでしたが、運命や宿命(時の流れ)ということでしょうか。ところで結末が、「アイーダ」と似ていると思いました。
 後半は人魚の肉を食べ八百歳まで生存した「八百比丘尼伝説」をモデルに、因果応報の無限ループを描きます。土佐光信の「百鬼夜行絵巻」に繋げる等の凝った結末でした。
 どちらも傑作ですが、個人的には、後半の無限ループの方が救いがないと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/23 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る