サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鳥類学者無謀にも恐竜を語る(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/427p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-121511-2
文庫

紙の本

鳥類学者無謀にも恐竜を語る (新潮文庫)

著者 川上和人 (著)

恐竜は鳥も同然である。鳥類学者が、鳥類と恐竜の緊密な類縁関係を拠り所とし、鳥類の進化を再解釈し、恐竜の生態を復元する。鳥類学者の目から見た恐竜の姿とは?【「TRC MAR...

もっと見る

鳥類学者無謀にも恐竜を語る (新潮文庫)

724(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恐竜は鳥も同然である。鳥類学者が、鳥類と恐竜の緊密な類縁関係を拠り所とし、鳥類の進化を再解釈し、恐竜の生態を復元する。鳥類学者の目から見た恐竜の姿とは?【「TRC MARC」の商品解説】

鳥類学者はおおいに恐竜を語っていいのだ。ティラノサウルス、アパトサウルス、地上に君臨した恐竜の子孫こそ鳥なのだから。ということで、本邦が誇る現生鳥類研究者の化石時代への大航海が始まる。どんな色でどのように鳴いたのか。樹上に巣を作るものはいたのか。鳥類の進化を辿り、恐竜の生態を復元する、野心的試み。抱腹絶倒しつつ知的興奮を存分に味わえる、とびきりの科学エッセイ。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いつものクオリティ

2018/09/07 02:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅんじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

川上さんの本、三冊目。いつも通りのクオリティ、というかこの本が一作目なのか。処女作らしく、やや控えめでまじめ。2013年の本だけど、十分刺激的。やたらにカラフルな昨今の恐竜図鑑に対する思いには凄く共感。それにしても「恐竜は鳥として生き残っていた」というのと「恐竜は鳥の一種」というのでは随分印象が違う。願わくば恐竜には特別な存在であって欲しい、ひいき筋としては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

娯楽×知識=極上

2018/08/29 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本業の恐竜学が今、どういう位置にあるのかは知らないけれど、
今、生きている生物の研究者が恐竜を考えるというプロセスは、
とても大事だなー、と思える1冊。

本の中では恐竜が生きていた。

「生物の本」では本川さんの本以来だけれど、
あちらは主に原生生物に近い生物群を対象にしていたので、
あまり感じなかったのだけれど、
進化というのはかなりご都合主義的なものだと感じる。
もちろん都合に合わなかったその他が排除された結果なのだろうけれど。

たとえば、人類でもずっと泳いでいたら
「腕が伸びた」とか「水かきができた」なんて話はある。
“こうなればなあ”という個体の願いが進化を作ってきた、
というのは夢の見すぎだろうか。

生物は細胞で構成されていて、
生物の意志で進化が促進されるのなら、
つまり細胞の生存機能がそれを作りだすわけで、
種の競争というのはつまるところ、
細胞による細胞のための、種を使った代理戦争なのかな、と。
そんなことを思ったり。

最後に。
鳥類と哺乳類は、
それぞれ別ルートで恒温という機能を得たんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/15 06:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/28 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/19 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/25 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/31 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/20 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/18 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/05 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/31 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/11 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/06 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む